人気ブログランキング |

2010年 03月 14日 ( 3 )

e0028387_3443076.jpg
今日は、夕方5時から瀬戸内図書館・郷土館の2Fで、「第17回オオトラツグミ一斉調査」の瀬戸内班の説明会がありました。

去年の調査のときは、すっかり相方になってくれた人にまかせっきり。
いざ、「練習してみましょう♪」と、部屋のスピーカの位置をオオトラツグミの鳴く方向に見立てて調査票に記入してみると、コンパスと用紙のあわせ方を忘れていたり、チェックした時間を書き落としていたり・・・。あー、恥ずかし。

何でもありは、前の晩のお宿と現地までの足が確保できたら参加したいと思ってます。
瀬戸内班、説明会に来ていた人数が昨年より少ないような気がします。
えー、昨年参加下さった皆様も、ふるってご参加下さい。

誰か、車、チョウダイ♪ 古仁屋に駐車場だけは確保できている何でもありでしたー。
え? 何でもありじゃないですよー。いつも散歩させてる隣家のポチたちですよー。

飼い主が留守をすることになり、「しばらく散歩と餌をお願いね。」と、餌を3袋とシャンプーを置いていってくれてました。

うっふっふ、しばらくぶりの良い天気。同居人がやる気を出していて、朝、お散歩に行った後、「シャンプーするぞ!」と、ひと言。

「合点承知!」何でもありも腕まくり。だって、ポチたち、かゆそうだったんだもん。

しかし、3匹それぞれ、

「何をなさるの!!!」
「ご無体な!!!」
「勘弁してください!!!」

と、身をよじり、逃げようとします。

「ふっふっふ、そうはゆかぬ。大人しくせい!」
「おらおら、言うことを聞くんだ!」

と、同居人と何でもありは悪代官のよう。

「掴んどけ!」
「あいよ!」

グワシッ! 羽交い絞めにして、しっかりお腹まで洗ってやりました。

あー、さっぱりした!

ピカピカになった写真は、また今度♪
by amami-kakeroma | 2010-03-14 23:54 | 日常
今日のお客様は、徳之島ご出身の大阪からお越しの間さんです。8時30分に生間港でお迎えし、戦跡や風景の写真を撮りながら西へ向かいます。
e0028387_23572342.jpg
まずは諸鈍のデイゴ並木を撮っていただいて、次、徳浜へ。「さんご塩工房」さんから浜へ降りる砂の坂もなんのその、「ライオン岩」も気に入っていただけました♪

安脚場戦跡公園まで行くと、青空。探照灯跡から見る海の色は、この季節としてはGOOD! GOODなのに何でもありの写真無し。なんでかなー、と思ったら、間さんのカメラで、間さんと景色を撮ってたからでしたー。
e0028387_11464127.jpg
続いて、スリ浜を経て、呑之浦へ。干潮でした。凪でした。
e0028387_1148323.jpg
入り江では、サウスシー&マベパールの方がマベ(貝)の筏にメンテナンスにいらしてました。すっかり景色に馴染んでいますね。
e0028387_1284441.jpg
於斉です。
「見て見て♪ トンネルになっているんですよ。」
「ほー、珍しいなー。」
e0028387_12102555.jpg
「はい~、そのまま後ろを向いて下さい~。」
今日のお客様、間さんです♪
e0028387_12113525.jpg
大阪には声をかければ集まる同窓生がたくさんいらして、集まっては島唄を楽しんだり、旅のお話しを聞いて楽しんだりなさっているのだそうです。

「請島や与路島にも回れるかい?」
「はい、古仁屋からフェリーせとなみで入る方法もありますし、この先の伊子茂港を起点に海上タクシーで回ることもできます。」

「お宿も民宿がありますよ。加計呂麻島内にも、畳の広いお部屋をご用意できるお宿もあれば、コテージタイプのベッドのお宿もありますよ。」

「車は、空港からそのまま加計呂麻まで渡せばいいのかい?」
「人数、日程、皆様のお荷物の量、フェリーの時間との兼ね合いなどで変わってくると思います。この車でご案内も可能ですし、加計呂麻バスさんでゆったり回ってお泊りになってもいいですし、本島から大型のタクシーでそのまま入って回って戻ることも選択肢のひとつかもしれませんね。」

うふ♪ どうやらお仲間やお孫さんを誘っていらっしゃることもお考えのご様子。

徳之島から近いようで、今までご縁のなかった加計呂麻島・請島・与路島に、どうぞ皆さんでいらして下さいね。静かな波の音を聴きながら、至福の時間をお過ごし下さい。

間さん、またのお越しをお待ちしておりまーす♪
by amami-kakeroma | 2010-03-14 00:47 | 観光