人気ブログランキング |

2008年 08月 27日 ( 4 )

午後1時からのお客様は、コーラルパームスさんにある「ダイブリゾート海風」さんご紹介の小林さんです。スリ浜でお友達がダイビングをなさっている間に加計呂麻ツアーです!!

安脚場戦跡公園、徳浜、諸鈍のデイゴ並木と回っている間に、「どちらからお越しですか?」と伺うと、「青森市よ。」というご返事。

「えー! 何でもありは、小学校と中学校は(大字)沖舘です。」
「あら、あたしもよ。」

何でもあり、小字名が出てきません。

「小浜にいたのよ。」
「えー! 何でもありもですー!」

こんな南の島で、青森の同じ住所に住んでいた人とお会いできるなんて!

「一緒に来ている友達は、(大字)油川よ。」
「キャー♪」
e0028387_2337670.jpg
左にいらっしゃるのが懐かしの青森からいらした小林さん、右が(大字)油川さん♪です!

青森市の高校がみんな男女共学になってて、生徒数が減っているため統合が進められそう、東高校の制服がちょっとずつ変わってきているとか、最近の青森事情をいろいろ教えていただきました。いやー、懐かしかったー。ありがとうございましたー!!

お願い、小林さん、(大字)油川さん、またいらして♪
by amami-kakeroma | 2008-08-27 23:42 | 観光 | Comments(2)
木慈を出て、瀬武集落の「実久役場跡」を見た後、林道を通って阿多地に向います。林道をかなり上がったところに薩川湾が見渡せるところがあるので、そこで車を停めると、
e0028387_22324767.jpg
「デカッ!」と、一声。今日は雨上がりでもあるので、あちらこちらでナメクジさんを見ていましたが、これは今日一番です。
e0028387_22345718.jpg
車を進めていくと、あれ~、大きなクレーン車が林道を塞いでいます。クレーン車の向こう側にはプロパンガスを積んだ車が待っていて、何でもあり号の後ろには郵便車もやってきました。3台溜まったところで、クレーン車も道を開けてくれました。

瀬武・阿多地間は、伸びた枝を伐採するためか、クレーン車が作業をしています。あと数日はかかりそうですから、この道をご利用になる方はお気をつけ下さい。

阿多地集落で、西郷隆盛お手植えと伝えられるデイゴ等を見た後、須子茂集落を散策。
木慈小学校へ寄ったり、西郷さんの灰皿と伝えられるお線香立てを偶然見せていただいたりしたため、特に須子茂小学校は駆け足で拝見することになってしまい申しわけありませんでした。

瀬相港で古仁屋へ行かれる先生をお送りして、呑之浦の干潟で少し遊んで、12時30分に押角小・中学校へ戻ってきました。

今日は、先生方にいろいろな生き物を見つけていただき、こちらの方が大喜びしてしまいました。勉強になります。また、次の機会にも一緒に勉強させてください。本日は、ありがとうございました!!
三浦のダム、隣の武名集落の大きなガジュマルを見て、木慈集落から瀬武集落へ向って坂をグイ~ンと登っていくと、右手に廃校になった「木慈小学校」の校舎と奉安殿が見えました。

「まだ行ったことないんですよね~。」
と、何でもありが言うと、

「行ったことないです。」
「行ってみたいと思ってました。」
と、言う声が(確かに)聞こえました!

「行ってみましょう♪」
と、何でもあり号、うれしそうにUターン!!
e0028387_22244100.jpg
ジュースの自販機のところから海側に入る道があります。その奥が学校です。
e0028387_22251048.jpg
校門を入ってすぐのアカギは倒すつもりなのでしょう、周りが焼かれていました。
e0028387_22261728.jpg
奉安殿の回りは草生していました。取っ手が壊れているためか、少し扉が開いているのが心配。水が入ったり台風で扉が飛んだりしないといいのですが・・・・・・。
e0028387_2228226.jpg
校庭は畑に利用されていました。
今日は8:30から12:30まで、押角小・中学校の先生方のフィールドワークのご案内♪
昨年、鎮西方面を回りましたので、今回は実久方面です。

まず、瀬相の旧海軍司令部跡へ。瀬相のフェリー港はよく利用しても、こちらをご存知の方って少ないんですよね。押角小・中学校は、島尾敏雄さんの奥さんになったミホさんが教員として勤めていた学校です。呑之浦も校区に入りますので、是非こちらはご案内したいと思っていました。

続いて、旧海軍施設部があった三浦の田崎真珠さんの作業所や、三浦の慰霊碑をご説明した後、艦船給水用ダムへ。林道へ入り、途中で車を停めてダムへ歩いていく途中、

「あ! 孵ったばかりだ!」という声が。
e0028387_2292272.jpg
蛹から抜け出たばかりで、羽をハタハタさせて乾かしていました。
e0028387_22111495.jpg
くたびれたのか、皆に囲まれて照れたのか、何でもありがカメラを向けたときは、羽を閉じちゃってました。
e0028387_22152238.jpg
こちらは、帰り道に、「鳥だ!」と見つけてもらった鳥。木陰をちょこまか移動するので、ちゃんとした写真は撮れませんでしたが、皆で確認した特長からするとヤマガラのようでした。