人気ブログランキング | 話題のタグを見る

想いのこもったツアーになりました。

今日のお客様は、北大島のホテル「コーラルパームス」にあるダイビングショップ「海風」さんご紹介の中家さんご夫妻です。お嬢さんがスリ浜でもう1本潜っている間に、加計呂麻を観光してくださることになりました! 「海風」の藤井さんもご一緒です。

えっ! ご主人は、昔から「島尾敏雄」さんの本を読んでいらっしゃるんですか!
ええっ! ミホさんの「海辺の生と死」もお読みになっていて、10冊ぐらいいろんな方にプレゼントなさっているんですか! いい本ですよね!

はい~! 参りますよ、押角集落と呑之浦! 行きましょ、出発しましょ♪

ということで到着したのが押角のミホさんが暮らした屋敷跡。以前は、花香を頼まれていた女性が畑などなさっていたと思いましたが、今は残念ながら荒れていました。
想いのこもったツアーになりました。_e0028387_054189.jpg
屋敷前を流れる川沿いに咲いていたフウリンブッソウゲです。

奥様に香りのいいハナシュクシャの香りを嗅いでいただこうと別の川にご案内しましたが、花が終わっていました。せっかく車から降りたことですし、ミホさんのお父様のお墓に参って行きましょう。こちらも花香の日が過ぎてすぐですが、どなたもいらした形跡がありませんでした。寂しいです。
想いのこもったツアーになりました。_e0028387_010108.jpg
呑之浦です。震洋艇の格納壕、レプリカをご覧いただいた後、隊長様が北門から出ていらっしゃるのをお待ちになっていた場所をご案内しました。

「・・・・・・。」
こちらにご案内できてよかったです・・・。
想いのこもったツアーになりました。_e0028387_0132117.jpg
隊長様もご覧になったのでしょうか。入り江に咲くユウナ(オオハマボウ)です。
想いのこもったツアーになりました。_e0028387_0142717.jpg
隊長様のお部屋があった場所に、島尾敏雄文学碑が建っています。碑を囲むように代表作の書き出しが書かれた石が置かれているのですが、一回りご覧になって、
「文学碑は、ミホさんと島尾さんだね。」とご主人がおっしゃいました。

予備知識なくいらっしゃった方で、記念碑がミホさんと島尾さんが向き合っている、つまり呑之浦が二人の出会いの場であったことを表しているを当てた方は初めてです。

お見事!
想いのこもったツアーになりました。_e0028387_0215051.jpg
この後、島尾隊が上陸した瀬相の司令部を対岸からご覧いただき、於斉の夫婦デイゴ・ガジュマルの大木、佐知克の西田製糖さん、諸鈍の大屯神社をご説明してスリ浜に戻ってきました。

中家さんは平家にゆかりの方とお聞きしましたので、本当は大屯神社をもっとゆっくりご案内したかったのですが、今日は時間がありませんでした。この島の西には源氏ゆかりの実久三次郎神社もございます。また、奄美にいらっしゃる機会がありましたら、是非また加計呂麻に足を延ばして下さい。お待ちしています。

中家さん、奥様、そして藤井さん、今日はありがとうございました!!
by amami-kakeroma | 2007-12-12 23:53 | 観光