人気ブログランキング |

クバ笠作り

e0028387_2346312.jpg
あまんゆの皆さんは台風をものともせず、勢理の「ゆきむら」さんでクバ笠作りです。お泊りのお客様、貝マニアさんもお手伝いくださってます。
e0028387_23471320.jpg
幹事のマスミちゃんとマスミちゃん母さま、クバ採り、クバ茹でなどお疲れ様でした。
e0028387_23485913.jpg
できれば真竹がいいのですが、今回はキンジヘで。笠の骨部分は、重なる部分をこんなふうに切れ目をいれて組んだり、薄く削って厚くならないように各自工夫します。
e0028387_23513198.jpg
丸くくくった竹に8箇所切れ目を入れて、骨を差し込んでいきます。
e0028387_23531750.jpg
天辺がずれないようにタコ糸で押さえます。
e0028387_00288.jpg
クバの葉柄がごついので削ります。
e0028387_01975.jpg
葉を2枚あわせてくくり、天辺部分をまずとめ、裾の部分を折り返し、余分を切り取ります。少し小さめに作った輪を内側と外側に当てて、クバの葉を留め付けていきます。
e0028387_062282.jpg
出来上がりました。作者&モデルは新入会員のノセちゃんです。

どれ、私も被ってみましょう。あら、少し重いわ。とりあえず基本の作り方は分かったので、それぞれで改良していきましょう!
by amami-kakeroma | 2006-07-09 23:58 | グループあまんゆ | Comments(14)
Commented by はま at 2006-07-10 00:08 x
クバ笠って何でしょうか? 
それにしてもシマッチュのみなさんは器用ですねー。
Commented by amami-kakeroma at 2006-07-10 00:20
はまさん、こんばんは~。クバ=ビロウです。街路樹にもなっていますよね。乾燥するとパリパリになるので、キッチンバサミで好きなサイズに切って団扇にしてもいいです。

竹で骨組みさえ作れば、ブホ=ダンチクの葉を広げて乾かしたものを貼り付けてもできます。メンバーのヒロヨさんは、和紙を張ってスタンドの笠にしようかなって言ってました。

私は、風が通るように、内側に5センチの高さのクッション部分を作りました。クバを被せるのは明日以降です。
Commented by ナゲハゲ爺 at 2006-07-10 08:46 x
amami-kakeromaさんはクバ笠も作るのね。
・・・・ますます「たくましく」感じまする。
クバ笠の中央で、頭を支える円座が命ですね。言葉の綾かも知れませんが、「クッション」だと暑苦しいです。確かベトナムの似たような笠は「クッション」が付いていたので、実用性が落ちていました。
空気が通過するように、クバ笠と頭の間に空間を作る円座は有効です。
シーカヤックマラソンでもクバ笠を愛用している人は多いです。
クバ笠の効用は、向かい風の時に普通の帽子だと風に対してつばの向きが問題となりますが、クバ笠だと「何もせずに、風にそのまま向かっている」ことができます。それは、風がすり抜けてゆくから・・・・・・
nghGも最初の数年は使っていましたけど、プロペラパドルに変えたら、漕ぎのスタイルが変わり、クバ笠にパドルが当たるようになったのでレースでは使わなくなりました。
今でも我が家で小雨模様の時に作業する時に、出動している現役です。
(あ・・・・長くなっちゃいました。)
Commented by 海音 at 2006-07-10 10:15 x
台風の被害はどうでしたか?
微妙にずれていってちょっと拍子抜けな感じがしますけど・・
直撃してたら大変だから来ないのがベストなんですけどね!!
本当に島の人達は器用で何でも作ってるんですね!
自分も今度行ったときは教えて貰おうかと思ってます。

今度の4号は来るのやら来ないのやら・・・
自然には勝てませんね。
Commented by 何でもあり at 2006-07-10 10:25 x
それそれ! 円座! それを作ったのよ~~!

住用のマングローブカヌーで貸してもらったときにクバ笠の涼しさに感激して、いつかは作ってみたいと思っていたんです。みんなも同じ思いだったようで、昨日のイベントとなりました。

台風で風が強かったので、飛ばされるクバの葉を、ハッシと足で押さえて作業してました。うん、たくましいかも。
Commented by 何でもあり at 2006-07-10 10:42 x
台風3号は予報円の西側をとおって去っていきました。直撃は避けられましたが、やはり昨日は風・波が強くて「フェリーかけろま」「せとなみ」とも運休しました。

飛行機は、東京便は条件付ですが飛んで、知人が加計呂麻入りしました。大潮にあわせてサンゴの産卵を見に来たそうです。海はまだ台風の影響があるので、濁り・うねりが心配です。ウミガメの赤ちゃんもふ化する時期です。4号は生まれなくてよかったのにっ!!
Commented by 海音 at 2006-07-10 17:44 x
今、試しに携帯で見れないかチャレンジしたら
見れましたよ~これで相方にもみせれます!!
Commented by 何でもあり at 2006-07-11 02:11 x
>海音さん
 ひえっ! 携帯で見られるんですか! 便利な世の中になったものです。  うらしま太郎子になってしまいました。
Commented by はま at 2006-07-11 09:05 x
おはようございます。写真が増えていたのでよく分かりました。
これの名前がクバ笠なんですね。島ではこれが一番かもしれませんね。風が中を通るってのがいいですね。シーカヤックの時これかぶればよかった。

そして、ノセちゃんがこんなところに!
楽しそうだ!
Commented by てふてふ at 2006-07-11 21:38 x
いいですね。手作りの笠。うちの職場の女性も愛用していますが,それがまたよく似合うんです。円座があって頭に直接当たらず涼しいと手放せないとのことです。奄美生まれではないのですが,クバ笠にテル,それに地下足袋がよく似合う女性なんです。
Commented by FORTUNE at 2006-07-12 09:07 x
いいですねー、こういうのが作れて!これはちゃんと奄美の若い人にも受け継がれているんでしょうか。ぜひそうあってほしいものです。
そして、私にも教えていただきたいものです。涼し気でいいですね~

ちょっと前からこちらのブログをリンクさせていただいています。事後報告で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
Commented by 何でもあり at 2006-07-12 15:11 x
>はまさん
 途中で間違ってアップされちゃったので、そのときにご覧になったんですね。失礼しました。シーカヤック時にクバ笠は力を発揮すると思いますよ。来年はペア笠でお願いします!

 ノセちゃんは、メチャ楽しそうでした♪
Commented by 何でもあり at 2006-07-12 15:16 x
>てふてふさん
 クバ笠、テルに、その次は地下足袋とな! 素敵っ! お会いしたいわっ!
Commented by 何でもあり at 2006-07-12 15:47 x
> FORTUNE さん
 次世代に受け継がれていないようなんですよ。残念。
 今回も試行錯誤を承知でやりました。苦労している話を聞いて、「こうやるんだよ!」なんてお声を掛けてくれる人が出てきてくれないかと期待しています。
 きちんとした作り方がわかったら、もちろんアップします。オリジナル笠をみんなで作りましょう!!

 繁忙期が終わったら、ぐるぐると巻き上げていく鍋蓋の作り方をご存知の方がいるので、それを教えてもらっておこうと話していますが、材料のヨシを集めなくてはいけなくて、そちらの方が大変そうです。

 それから、リンクありがとうございます。よろしくお願いします。