東京「奄美の家」、12月末、発展的閉店!!!

久しぶりにブログを訪ねて、ビックリクリクリ!!!

あの「奄美の家」が12月末で閉店するとの記事がっ!!!

それでも、

営業期間は6年7カ月という短い期間ではございますが、本当に多くの皆さまにお越し頂き支えてもらいました。数珠繋ぎのようにお客様がお客様を紹介して、縁が縁を呼び「奄美の家」の輪が広がり「奄美の家族」のように熱きエールを送って頂いたことで、後ろ向きの閉店ではなく発展的な閉店を迎えられることに感謝してもしきれません。

来年以降、兄・和彦は沖縄で、弟・和昭は奄美大島でそれぞれの道を歩みます。
お客様方への感謝の想い、出会った全ての方々への感謝の想い、故郷への想いを胸に、また東京での経験を活かして今後も奄美の振興にも尽力していきたいと切に願っております。

「奄美の家」は12月末をもって閉店致しますが今生の別れではございません。圓山兄弟は奄美大島と沖縄にいます。是非ご来島ください。シマでお会いしましょう。
また12月末、最後まで精一杯営業致しますので、どうか最後まで「奄美の家」を見守り、応援してください。


このような熱いメッセージがあり、そうか、次のステップに進むのね! 頑張れ! と、安心しました。以前、「奄美の家」人衆のご案内のご依頼があった時に都合が合わずにお会いできなかったことを今でも残念に思っています。その後は、豪雨災害がらみの帰郷でしたもんね。

東京方面にお住まいの方は、あと2か月ありますから、どんどんお店に足を運んで下さいね!!!
by amami-kakeroma | 2012-11-02 09:36 | お店・お宿情報 | Comments(2)
Commented by 喜山 at 2012-11-02 10:50 x
なんでもありさん。ご無沙汰しています。
もう、そうなんですよ。東京在住者としては寂しくて仕方ありません。
Commented by 何でもあり at 2012-11-02 14:24 x
喜山さん、お久しぶりです。
密度の濃い奄美空間がひとつ減ってしまうんですね。
どれだけの方の交流の場だったか!
お二人の新しいステージを楽しみにすることで、
寂しさを堪えましょうね。