加計呂麻に惚れた?

e0028387_2058022.jpg
今日は、名瀬からいらした常田さんと恵沢さんと、ガイド仲間のtomizou3さんと加計呂麻の新緑巡り。
半袖Tシャツで過ごせるこの気温と恵の雨のおかげで、椎たちはモリモリと勢いを増しています。椎の花も咲き始めていて、驚いていらっしゃいました。

今日のコースは、8時30分に生間でお迎えして、まず渡連へ。そして、そこから安脚場道を通って、諸鈍へ。

まず、一番マツクイムシが松を赤々と枯らしているところを見ていただきました。それでも、赤い葉を落とし始めた松の下から広葉樹が元気に顔を出しているのがご覧いただけるんです。何しろ新緑ですから、目立つ目立つ。

そして、秋徳から佐知克へ回り、素晴らしい広葉樹の森を見ながら於斉へ。その間、ガジュマル談義に花が咲き、ランチを食べに「5マイル」さんへ。久しぶりの「かけろまご飯」はウンギャルのフライと梅の味付けの冬瓜の煮物。もちろん、おいしかったー♪

「5マイル」さんの前は護岸のない、天然のアダン林。「これだよ、奄美の海岸は!」

その後、花富峠から西阿室、嘉入、須子茂、阿多地へ。どんどん赤い松が減り、立ち枯れした松が椎の森から電信柱のように立ち上がっている景色に変わっていきます。

その先の林道となると、もうこれは手付かずのような見事な椎の森。みんな惚れ惚れその美しさに棒立ち!
ここが伐採候補地です。伐採する側にすると、黄金の山に見えるのでしょう。

薩川・芝間の町道が崩れていると聞いたので、そちらを確認して瀬相へ向かいました。

実は自然にお詳しいお二人に、奄美の自然、加計呂麻の自然をお話ししていただきたいとお願いしてあったんです。

3時に「瀬相公民館」に付くと、もう20名くらいの方がいらしていて、早速お願いしました。

  ・龍郷の中勝であった土石流は、裏山の伐採が原因。 役場に言っても駄目。
   土地の持ち主に忠告した。「自分の命は自分で守れ。自分でよく考えて。」
  ・奄美本島の観光関係者も「加計呂麻」に注目している。大島から加計呂麻へ流れるだろう。
  ・昨年の海からの加計呂麻島のベニアジサシ調査の結果、北部奄美で確認されなかった営巣が、
   加計呂麻では次々にコロニーが発見され、合計800羽にのぼるだろう。
   山が豊かだから小魚がわき、鳥が集まっている。
  ・アカヒゲ・アカショウビン・サンコウチョウの密度が高い。
  ・アカツラカツオドリも撮影成功。
  ・今、持続可能な林業も言われているが、次の伐期がくるまで50年かかる。それならば、
   きれいなランを見せて、観光で食べればどうか。結果として先祖が残してくれた自然が守れる。
  ・皆伐の危険性
    役勝、古仁屋の土石流の被害は、上部の伐採によるもの。
    上部を伐採して、危ないから下に治水ダムを作る。このパターンができあがっている。無駄。
  ・伐採するにしても、遠慮して切れ。
    人の命は水のお陰。水は山のお陰。畏敬の気持ちを失うな。
  ・奄美本島の鳥はまだ逃げる場所がある。加計呂麻には無い。
  ・伐採は全てを失う。  等々

5時40分まで、いろいろなお話を聞かせて下さってありがとうございました。
次回はいついらっしゃるのかな。アマミヤマシギを調査しにいらっしゃいます?
お供しますので、ご連絡よろしくお願いしまーす♪ 1日ありがとうございました!!!
by amami-kakeroma | 2010-03-07 20:59 | 観光 | Comments(13)
Commented by bonn1979 at 2010-03-07 23:10 x
専門家はさすがによく見ていますね。
地元の皆さんにお話されたのも良かったですね。
遠く(でもないか)から心配しているだけ。
Commented by amamian3kjk at 2010-03-08 07:47
言いえて冥ですねぇ~!!
Commented by 何でもあり at 2010-03-10 15:36 x
bonn1979さん、いろいろな方面の方からご意見を
いただくのが、各人が判断するのに一番いいかと
思っています。
Commented by 何でもあり at 2010-03-10 15:37 x
きさん、この二日間寒いですねー。
当日はお天気もよく、加計呂麻の自然を沢山ご覧
いただくことができました。
Commented by あましん3ちょう at 2010-03-11 14:09 x
一番の案は自然を守りながら人間の生活も豊かにできること。
35年以上も時間をかけ少しづつ伐採と植林・営林していくのならいいことだと思う。伐採反対派の根拠がないことはまるで山全てが原生林であって短期間でいっきに禿山になるような嘘を言ってる点である。(昔から山は人の手が入っていたのです)そんなことをすれば、貴重な動植物はもちろん林業関係者の守る森自体が無くなり、継続していくことすらできなくなるのだ。事業者だからこそ一番よくわかっているのだ。
反対派が今なすべきことは実際に山に入って、保護保存する樹木を探すことや、山の若返りの手伝い(植林、山林資源保存、きのこ類と原木栽培の開発、山林の観光開発)で観光に結びつけることなのではないか?また、合成洗剤(洗濯、台所)を 愛媛AI という洗剤に変えて、下水道が必要ない生活をすること。普段の生活が自然にやさしいことをしているのか?見直すべきである。
自然と人間の経済活動を両立させるモデルにすることが大事!


著者コピーライト あましん3ちょう  
Commented by 何でもあり at 2010-03-11 20:08 x
あましん3ちょうさん、丁寧なご意見ありがとうございます。
コメント欄では気づかない方もいらっしゃると思いますので、
先日いただいた別の方のコメントとあわせて、記事にさせて
いただきます!!!
Commented by どうぞよろしくおねがいします。 at 2010-03-11 22:06 x
賛成か反対かの対立を煽るのでなく、また反対活動家の利権に悪用されないように(左翼がもたらす沖縄化のような)若者も観光関係者も古くから島で生活してきたしまんちゅも全ての人が自然が動植物が幸せになれるようにこのチャンスにいろんな方の提案やアイディアを盛っていくことが大事です。

何でもあり様、どうかよろしくおねがいします。

記事に使いたいときはいつでもお問い合わせください。 
                     
                    あましん3ちょう 
Commented by 奄振予算3兆円 at 2010-03-11 23:43 x
"新生大島新聞"というブログでこれまで沢山の意見や提案をしてきました。まだまだ沢山ありますのでよかったらのぞいてください。

観光をいうなら、何故航空運賃について奄振をもっと活用しないのか?人口減をいうなら何故もっと奄振予算を島民の人件費増に使わないのか?植林やシイタケ及びその原木生産、おがくずも固めれば菌床栽培に利用できるし、そういった島民の収入に結び付くような使い方に変えていくべきだとおもいます。

あましん3ちょう
Commented by あましん at 2010-03-11 23:49 x
JALでもJACでも高運賃体質は絶対に改善できません。よって奄美に観光客など来ません。奄美空港の滑走路をもうすこしだけ長くして座席数220以上の中型機が離着陸できるように改善すべきでしょう。おもいきって奄美路線だけ海外格安航空会社のエアアジアやタイ航空などに任せたいとかけひきしながら、最終的には奄美路線を適正価格まで引き下げることが大事。O沢の金銭欲からもわかるように、政治家にキックバックを弾めば、奄振予算の増額は簡単です。日本国民が貧乏で死に体であっても、中国など海外には何十兆円も日本国民の血税をばら撒いているのです。政治家にキックバックすれば、国内の奄美に3兆円ぐらいばら撒くことなど簡単なはずです。奄美の国会議員や県議はきちんとこのような"大きい仕事"をしていただきたいものです。
竹下元総理大臣が出身の島根県の離島に何兆円予算を使ったか勉強すべし。
結論、海外の航空会社を引き合いに出すのは効果大ですよ!
パターン1 東南アジア~東京~奄美~大阪~東南アジア
パターン2 東南アジア~大阪~奄美~東京~東南アジア
これだと奄美~東京2万円(正規運賃)でも参入したい低コスト海外格安航空会社があるはず。
Commented by 何でもあり at 2010-03-12 00:09 x
奄振予算3兆円さん、いろいろなお立場からのコメントを
いただけたと思い、先程記事としてアップさせていただいた
のですが、ご了承もいただかずに失礼いたしました。
取り急ぎ、非公開の記事扱いにしました。

こちらのコメントから、関心を持って下さった方が
また貴ブログにご意見・ご提案を読みに行って下さるかと
思います。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented at 2010-03-12 01:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-03-12 01:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あましん  at 2010-03-12 01:37 x
業者も島の為になる提案を沢山しているようだし、きびしいこともいいつつ、島の人もお互い助け合いながら何とかあましん予算なども活用しまた増額もし植林などの業者の手伝いもしながら雇用拡大をしていくのがいいとおもう。結局あましん予算が増額出来ても出来なくても、島民の雇用と収入のために、そして自然と動植物、奄美と日本と東南アジアの平和のためになるような使われ方に変えていかなければいけない。それしか日本の生きる道はないとおもいます。予算は国内(奄美)で日本国(奄美)のために使いましょう。