人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「OSJカケロマドリームトライアスロン」住民説明会

午後7時から押角小中学校であった「OSJ(アウトドアスポーツジャパンの略)カケロマドリームトライアスロン」住民説明会に出席してきました。

神奈川県藤沢市にある有限会社パワースポーツという会社(エネルギー栄養補給食品・スポーツ飲料・スポーツウエア・バック・グッズの販売、アウトドアスポーツイベントの企画運営及びクリニック開催を主な事業としている。)の社長さんが、加計呂麻島でできる競技は? ということで思いついたそうです。

同社の昨年の奄美大島での大会運営実績は「奄美大島チャレンジサイクリング」。今年は「奄美ジャングルトレイル50km」。

以前成功させた「OSJ箱根トレイルレース」は、“「箱根町」「小田原市」「南足柄市」「小山町」「御殿場市」「裾野市」「三島市」「沼津市」と8市町にまたが”り、“コース55km中、管理している機関は「林野庁関東森林管理局」「神奈川県自然環境保全センター」「神奈川県小田原土木事務所」「箱根町産業施設課」「箱根町地域整備課」「箱根町生涯学習課」「コクド計画」「藤田観光」そして「環境省」。”個々全部に許可を取ったり申請したりと準備に3年かかったそうです。

今日は、パワースポーツ社の方から提案に至った経緯の説明があり、その後、町の職員からスイム・バイク・ランのコース説明等がありましたが、これはパワースポーツ社さんがなさった方がよかったのでは? あちらが主催ですよね。

町では開催は、『「にほんの里100選」にえらばれたこの加計呂麻島において、トライアスロンを開催することにより、観光交流人口の拡大、地域の活性化、宿泊客の増を目的とする。』としています。

開催予定日時は、平成22年5月23日(日) 8:00~20:00 です。

バイク・ランのコースは町道や県道を使うので、当然警察の担当者がいらしていて、下記の事項を全てクリアしないことには道路使用許可を下せない旨の指導がありました。

特にバイクコース(諸鈍→佐知克→於斉→花富→西阿室→瀬相→呑之浦→勝能→諸数→生間→諸鈍)は、午前8時から午後3時まで緊急車両以外通行止めとなるため、大いに検討が必要です。

 ●道の対策が必要
    ・筋道、三叉路等
    ・危険箇所 カーブが多い。100箇所
    ・滑りやすい箇所には防護マットが必要
    ・無蓋側溝は有蓋側溝に
    ・グレンチングの箇所は滑りやすいので変更が必要
    ・松枯れの松葉の除去は全線にわたって必要
    ・デコボコの路面の補修が必要
 ●迂回路対策
 ●フェリー入港対策
 ●観光客が通行できない(デイゴの時期)
 ●路線バスを止める必要がある
    ・デイサービス
    ・給食サービス
    ・郵便集配
    ・宅急便 等も
 ●救護対策
    ・迂回路が無い
    ・地元の人の救護も必要になる場合がある
    ・火災時の対策
    ・無線が通じない場所がある
 ●交通整理員の確保
    ・カーブ・交差点等挙げると、膨大な人員を必要とするのでは
 ●生間・諸鈍間がランとバイクの人が交差する区間になり、事故の危険性がある
 ●住民の総意が必要

コースに含まれる集落の区長さん等から、上記の対応が可能なのかを聞いてからでなくては集落民に説明もできないとの意見があり、改めて回答をいただくことになり、散会になりました。
by amami-kakeroma | 2009-09-30 23:19 | 観光