鹿児島県本土の方のようです。
大型クルーズ船問題を含め、よく調べていらっしゃいますねー。

http://bonkurakun77777.blog.fc2.com/blog-entry-952.html


瀬相の美咲商店さんにパンを買いに寄ったら俵のヒデさんがいて、鳥の話になりました。

アタシが「アマミヤマシギ」は島口で「シーギャ」だよねと言ったら、ヒデさんが俵では「シーギャ」は「ルリカケス」のことだと。

そしたら美咲の兄さんは、西阿室では「ルリカケス」は、「ビーしたい(R18)」と鳴くから「ヤマビシャ」というと。

ほ~。ひと山越えると鳥の呼び名も変わるんですね。

でね、イノシシはルリカケスを背中に乗せてることがあるんですって。たまにカラスも。何してるかっていうと、シシについてるダニを食べてるって。クリーニングの一種ですかね。

追加で、白くても黒くても青くても「サギ」は「サギャー」で、サギは何でも食べるから、人間の食いしん坊のことを「サギャー」と呼ぶのだそうな。


大型クルーズ船誘致について、新聞記事でしか知らされていない瀬戸内町民です。

やっぱりおかしいです!

<西古見集落への大型クルーズ船受け入れ メリット・デメリット検討資料>
<シェア・拡散お願いします。>

自動代替テキストはありません。

「本当に美しい景観とは目に見える『かたち』や『やくわり』ではなく人々の暮らしと密接にかかわる『いとなみ』や『なりたち』にこそ本当の価値があるのではないか」

<西古見集落への大型クルーズ船受け入れ メリット・デメリット検討資料>
<シェア・拡散お願いします。>


画像に含まれている可能性があるもの:空、たそがれ、雲、屋外

クルーズ船受け入れについて、約35名の西古見集落の方々だけでなく、瀬戸内町民の私達にも、しっかり話をしていただきたい。

<西古見集落への大型クルーズ船受け入れ メリット・デメリット検討資料>
<シェア・拡散お願いします。>

「チルチルcafe」ブログ
e0028387_00034669.jpg