e0028387_10403834.jpg山川さらさんの『ムンユスィ』は、加計呂麻島では「マリンブルー カケロマ」で買えます。

内容? 写真がふんだんに使われていますので、是非手にとってご覧になってください。

こんなエピソードも生まれています。
# by amami-kakeroma | 2005-07-21 10:29 | Comments(0)
e0028387_17224423.jpg午前中に安脚場、徳浜、諸鈍コースをご案内したNさんを、12時10分生間発のフェリーにお送りしました。いつもなら海に向かって右側につくフェリーが、今日は左側についていました。

そうか、今日は旧暦15日。大潮で、おまけに12時14分が干潮だから、一番潮が引いている時間帯です。

e0028387_17233880.jpg家に帰ったあと、ゲッキツという奄美ではよく垣根に使われている木に白い小さな花が咲いていたので写してみました。そしたら、背景には日輪が!
# by amami-kakeroma | 2005-07-20 17:29 | Comments(0)
サガリバナの学名は、Barringtonia racemosa 。白いひげのように見えるのはおしべで、その中に赤く見えるのがめしべ。集落の人は「ヒゲブタ」と呼んでいたそうです。「ヒゲブタ」の意味は、ヒゲだらけの顔ですって。花びらは白く、がくは緑色(→赤茶)をしています。男の人も、散った花に糸をとおして首飾りをつくったものだと語ってくれました。

e0028387_13472124.jpg
# by amami-kakeroma | 2005-07-20 13:47 | Comments(2)
今日は友人と呑之浦のマングローブへ。バックマングローブにサガリバナがないか調べに行くのが目的。

呑之浦の手近な浜からシュノーケリングで行くか、カヤックで行くか迷ったけど、まず濡れたくないのと、泳ぐには距離がある、浦の透明度が悪い等の理由でカヤックに決定。

二人とも先日住用村のマングローブでカヌーを漕いでいるので、スイスイとカヤックを漕いでマングローブに到着。残念ながらサガリバナは発見できませんでしたが、リンゴのように赤い実をつけたツバキ、立派な板根のサキシマスオウ、シオマネキなどを見ながら2時間ほど散策してきました。

e0028387_0151798.jpge0028387_0154957.jpg

e0028387_0161635.jpg
# by amami-kakeroma | 2005-07-20 00:12 | Comments(2)
加計呂麻が大好きな人が集って作った「グループあまんゆ」のメンバーY子さんから、「今日のサガリバナは見事よ!」と、夕方に連絡が入る。20日の早朝に見に行こうという段取りになっていたんだけど待てません。連絡をとりあって、瀬相・勢里のメンバープラスお客さん一人、諸鈍のN夫妻、わたし、隣家のお客さん、Y子さんの総勢10名で島内某所へ行き見せていただきました。

本当に見事!

e0028387_22152859.jpge0028387_22161152.jpg
e0028387_2214426.jpg

サガリバナは住用村のマングローブが知られていますが、加計呂麻島にも昔はたくさんあったそうです。私達も今日見せていただいたお宅の他に数箇所確認しています。与路島にも生垣にしているお宅があります。

みなさんの中でここにもあるよという情報をお持ちの方、教えていただけませんか。少しずつ昔のように増やしていければと思っています。

それからサガリバナを見に行った方、見つけた方、どうか手折らないで下さいね。そのままにしておいて多くの人に見ていただいて下さいね。
# by amami-kakeroma | 2005-07-18 22:18 | Comments(2)