e0028387_1453982.jpg里のK姉さんから、パソコンでちょっと不具合があるから来てもらえないかと電話があり、お宅にお邪魔した。姉さんよりは知ってるが、そんなには詳しくないわたし。ドキドキ。

お孫さんがキーボードを触って日本語入力をかな変換にしていた。で、ローマ字入力にして、ついでにMオジの暑中見舞いを作って印刷。

終わってお茶をいただき、ついでにお昼も。いつもながら手早くおいしい食事を出してくださる手際はお見事。冷しモロヘイヤうどん他、ごちそうさまっ!

三人で食事をしていると、Mオジが「昔はハブを食べたんだよ。」って。早速身を乗り出し、「どうやって食べたの?」とわたし。

なんでも、頭と内臓をとり、皮をむいて、蚊取り線香状に巻いて、カラカラに干して火であぶり、5cmくらいに切って、ミキサーにかけて、ふりかけのようにして、ご飯にかけたり、味噌汁に掛けたりして食べたそうな。

火であぶってあるから香ばしかったって。ふーむ。ちょっと食べてみたいような、みたくないような……。
# by amami-kakeroma | 2005-08-02 14:53 | Comments(0)
e0028387_2140291.jpg
寅さんをキーワードに午後からスリ浜を出発、瀬相-於斉から東側をご案内した小林さん。数年前まで徳之島にいらして、今は鹿児島市在住。

呑之浦の震洋艇の格納壕からまだ先に遊歩道を進みしばらく海岸を歩くと、突然大島海峡が目の前に開けます。ここまでくると、貝殻を拾いながらついついお客様と話し込んでしまいます。ここの景色の何がそうさせるんでしょうね。

観光も終わり渡連からスリ浜に帰る途中、「うちの両親は二人とも青森で……」と小林さん。はいっ? アオモリ? 「えー、あたし、中学・高校って青森よー!」と、わたし。鹿児島県の離島の加計呂麻島で、こんな会話になるなんて思いもよりませんでした。

また、ひとしきり盛り上がった二人でした♪

(後日談) 
おじさんの江幡さん、お電話ありがとー。青森東高校の1年違いでしたね。加計呂麻までいらしてたのに、お会いできず残念です! また航海実習にいらして下さいね!!
# by amami-kakeroma | 2005-08-01 21:53 | Comments(0)
町の地域女性連合体育部長の永井しずのさん達が、町民体育大会で踊るマスゲームを教えに、諸鈍小中学校の体育館へ来てくださった。

午後7時すぎ、諸数、生間、秋徳、押角、諸鈍の婦人とPTAの方が揃ったところで練習開始。

今年は「マツケンサンバ」とゆずの「栄光の架橋」。練習用のビデオテープとカセットテープも持って来てくださったが、今年はビデオテープだけ購入して、カセットはやめてCDを買うことにした。カセットは頭だしが大変。

「栄光の架橋」はストレッチ体操だけど、途中から動きが速くなり、最後は結構腰にきました。
「マツケンサンバ」は、うちわを2枚持って踊る豊年祭向きの踊り。途中に「オハラ節」が挟まり、鹿児島ならではの踊りってとこでしょうか。

数年前に諸鈍集落の婦人会に入ったときは、集団で踊りを踊ること自体に大層違和感を覚えたものですが、今では「こんなときじゃなきゃ踊りなんて踊らないよね♪」と結構楽しみにしている私です。

今年は諸鈍婦人会の役員(会計)なので、率先して踊りを覚えなきゃいけません。オーレイ!!
# by amami-kakeroma | 2005-07-31 23:27 | Comments(0)
家に仏壇があったこともなく、50年生きていて身内の葬式にも出たことがない私が6月に結婚して、一ヵ月後の7月には結婚相手のオジイチャンの33回忌とやらをやらなくてはならなくなった。

More
# by amami-kakeroma | 2005-07-31 17:51 | Comments(0)
戦後、加計呂麻ではどんなお産をしてたの? というご質問があったので、また婦人会で斡旋した昆布を届けがてら、近所の80ン歳のオバのところに行ってきました。

オバいわく、自分の子供は嫁ぎ先のお母さんと親戚の慣れた人に取り上げてもらったし、自分も親戚の人の手伝いに行って6、7人は取り上げたとのこと。自分の周りはみんなそうで、古仁屋のお産婆さんのところへ行って産む人は少なかったとのこと。昭和40年ごろまでの話。

More
# by amami-kakeroma | 2005-07-30 16:09 | Comments(1)