「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2月19日に同じく紀三さんに教えてもらったヘツカリンドウ。
e0028387_2312491.jpg
e0028387_2314268.jpg


熊本行ったり、尼崎行ったり、家にコモっている間に、季節が早足で過ぎていく。

行かないで~~~~。
e0028387_2252654.jpg
見えますかー。2月19日の安脚場戦跡の調査の時に、スローガイド奄美の富岡さんに園地で咲き始めているのを教えてもらったオキナワチドリ。

今日チェックしたら、スリ浜も咲き始めてましたー♪ 来月24日まで咲いててよー。お願いしまーす!
e0028387_2142571.jpg
e0028387_21432026.jpg
            阿!  
  
このあたりから江仁屋離島の標石。
e0028387_21281971.jpg
e0028387_21291716.jpg
e0028387_2129395.jpg
e0028387_21295331.jpg
e0028387_21301412.jpg
e0028387_21302660.jpg
e0028387_21303768.jpg
e0028387_21305641.jpg
e0028387_21313364.jpg

お約束。さよ~なら~(^ _ ^)/~~
e0028387_21323243.jpg
e0028387_21324659.jpg
e0028387_213321.jpg
e0028387_21331782.jpg
e0028387_21333525.jpg
e0028387_21335023.jpg

海の色が独特。
e0028387_21344422.jpg
e0028387_2135355.jpg

後半は標石めぐりみたいになってしまいましたねー。

8時半に生間港を出発、古仁屋港経由で皆津崎→安脚場と東回り、与路島沖から与路島の砲台跡を眺めて、須子茂離沖でランチタイム。江仁屋離島を回って大島海峡に入って古仁屋→生間港着が3時半くらいだったでしょうか。

イルカの姿は見たもののクジラさんには会えなかった戦跡海上調査でした♪ お疲れさまでした。

<追記>
「標石」について調べていたら、上西 勝也 さんという方のサイト「史跡と標石で辿る 日 本 の 測 量 史」にたどり着きました。「標石」という名前も知らなかった。11.海洋測量(水路測量) の項とか、じっくり読ませていただかなくては。

by amami-kakeroma | 2015-02-20 23:55 | 戦争 | Comments(0)
今日は、瀬戸内町立図書館・郷土館の戦跡調査の皆さまと加計呂麻島民泊協議会のメンバーとで、加計呂麻島と江仁屋離島を一周! ヽ(*´∀`)ノ

山中を散々歩き回って探した戦跡を海からチェーック!

公園化されたところは柵などがチラッと見えるところもありましたが、他の戦跡は緑に埋もれて見えません。もちろん当時も見つからないように構築したんでしょうけどね。
e0028387_2054070.jpg

右側が安脚場戦跡公園の南側の展望台あたり。陸軍が大正時代に構築した砲台が残っています。
中程が開戦後に海軍が構築した砲台があったところ。
左の高い山が高鉢山で、防空壕2本と無数の塹壕・蛸壺を確認してきました(2月19日)。
e0028387_20131158.jpg

諸鈍グスクあたり。滝の上から左にかけて平地があります。ナングモリバラが籠ったところ。
e0028387_20202514.jpg

徳浜手前の標石。左奥にライオン岩が見えます。こちらから見るとブルドッグ岩♪
e0028387_20224299.jpg

諸鈍湾入口の先鼻戦跡へ上がる道はこの浜の奥から始まります。ただ、そこまでが藪になっているということと、オバチャン、下から上まで上がるのには体力が持たないと思い、右上のソテツ公園から尾根道を行くコースにしました。
e0028387_2029575.jpg

つまり左側の山頂にあるソテツ公園から尾根道を通り二つ先の頂上にある戦跡へ向かったのですが、遠かった・・・。それも、下見と準備もあり、二日連続・・・。遠かったー。
e0028387_20351590.jpg

新緑と縁取るハゼの紅葉は、本日回った瀬戸内で一番キレイ。ソテツ公園。
e0028387_20384854.jpg

続きは、次の記事で。

<追記>
思い出した。ご案内くださった安脚場の福山さんは疲れていらしたけど、機銃があったところを見せようと、みんなを誘って歩き出しました。ヒエー、タフ! ということで、藪をかき分け上り調査しました。皆さんはハブの危険とかあるので、コースから外れないで下さいね。

by amami-kakeroma | 2015-02-20 22:24 | 戦争 | Comments(0)
e0028387_2350479.jpg
安脚場戦跡公園の先に、海軍の砲台跡・探照灯跡があります。今回は瀬戸内町立図書館・郷土館さんと加計呂麻島民泊協議会と合同で、諸鈍・安脚場間の峠から高鉢山の防空壕への道を更に進んで海軍の砲台跡から戦跡公園へ抜けるというコースで戦跡調査をしました。案内は安脚場集落の福山さんとスローガイド奄美の富岡さんのお二人です。
e0028387_23503829.jpg
出発!
e0028387_23513948.jpg
数え切れないほどの蛸壺。ここ一帯は四角に切ってあります。
e0028387_23562427.jpg
安脚場集落♪
e0028387_23571356.jpg
機銃を据えた跡でしょうか。
e0028387_23575197.jpg
ヤッコソウ。終わりかけ。
e0028387_23584470.jpg
住民用防空壕。
e0028387_23594070.jpg
近くにある塹壕。
e0028387_001816.jpg
e0028387_012039.jpg
ドラム缶を埋め込んである小さな塹壕。面白いことに、水抜きの穴と排水路がありました。
e0028387_025770.jpg
三角点。草に覆われていました。
e0028387_033532.jpg
その下の方に兵隊さん用の防空壕がありました。ここは前回見つけられなかったところ。やったー♪
e0028387_051797.jpg
簡単にお昼を済ませて、探照灯へ。
e0028387_055922.jpg
実は探照灯までは道が無いため、道を開きながらの行程となり大変でしたー。やっと古い道に出ると、海岸方向に上がる道があり、メンバーが登っていくと探照灯跡を発見!
e0028387_07843.jpg
e0028387_072724.jpg
e0028387_074664.jpg
以上、作ったけど使わなかったと思われる探照灯跡。
e0028387_09452.jpg
実際使った探照灯を探します!
e0028387_012563.jpg
e0028387_0122496.jpg
e0028387_0124587.jpg
以上、探照灯跡。割れたレンズなどが落ちています。
e0028387_0143162.jpg
この上に砲台跡があります。戦後、重機で破壊されていますので、4箇所の位置をGPSで落とすにとどめました。
e0028387_016555.jpg
到着でーす。疲れたー。

郷土館の鼎さん、正さん、民泊の皆さん、本当にお疲れさまでしたー!!!
by amami-kakeroma | 2015-02-19 23:15 | 戦争 | Comments(0)
本日は、尼崎での瀬戸内町物産展、最終日です。

初日の昨日は、ブログをご覧下さったゲストさんとの再会あり(感謝!)、新しい瀬戸内町の物産との出会いありと、あっという間の1日でした。

本日は、美味しいタンカンの追加分がドーンと入ってきますよ。

貴重な加計呂麻島のまーささんの島のフルーツのジャムは、早い者勝ち!

しりたむんきゃさんの月桃茶とグアバ茶のティーバッグは試飲付きで絶賛販売中♪

何でもありは久しぶりの立ち仕事にメゲソウでしたが、郷友会の姉さん達の頑張りを見ていたら、元気が出てきます。

最終日の皆さまのお越しを、一同心からお待ちしていますよー!
by amami-kakeroma | 2015-02-15 06:11 | Comments(0)
只今、加計呂麻島から遥かに北上し、兵庫県は尼崎に来ております。

昨日は雪なんて舞っちゃったりして、寒い冬を実感しましたよー。

今日と明日は瀬戸内町の物産展本番です。関西の皆さま、遊びに来て下さいねー。

一番人気はタンカンかな?
by amami-kakeroma | 2015-02-14 04:17 | Comments(0)
e0028387_1059243.jpg

加計呂麻島の川島農園のカボチャです~。
採れたてです~。

1㎏弱~1.2㎏の小玉。
食べきりサイズのご家庭用ですよ!!
訳ありかぼちゃ5玉1500円(送料別)です。
いかがでしょうか?(*^^*)

今、スーパーに並んでいるカボチャは、外国産が多いですよ。
国産を食べましょう♪
e0028387_8461047.jpg
大島本島側の大和村国直集落の中村さんがバリバリ売り出している モニターツアー第1弾「幸せを呼ぶ島料理」旧正月うわんふねツアー !!!

残り僅かになっちゃったそうですが、ご案内♪

 奄美では大晦日や正月に塩豚とツバシャ(ツワブキ)を煮た「うわんふね」を食べ新年を迎えます。「旧正月うわんふねツアー」では2月19日の旧正月に合わせてツバシャの採取やウワンフネづくりに挑戦。シンプルだけど究極の島料理がみなさんを幸せにするはず。どうぞふるってご参加ください。
 なお、この度のツアーは新たな体験観光メニューづくりのためのモニターツアーです。ツアー中にご意見をお伺いするほか、アンケートへのご協力をお願いすることがございます。また、広報用に撮影を行いますので予めご了承願います。

開催日時:2月15日(日) 午前9時から午後3時くらい
開催場所:大和村国直公民館~集落周辺
体験内容:ツワブキ採取・加工・うわんふね調理・試食
募集人員:先着10名様(最小催行人数:2名)
申込先:中村修(tel 090-6890-6972 e-mail erabuchianyo@gmail.com)
参加料:お一人様500円(昼食代・材料代・保険料・お土産代含む)
注意事項:天候の都合により日程を変更する場合があります
     山道を歩く靴や軍手、服装でおこしください
主催:島おこしNPO法人TAMASU(たます・設立認証申請中)
 
目を離せない大和村♪
 
by amami-kakeroma | 2015-02-11 08:48 | 観光 | Comments(0)