<   2013年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

(再掲載です。)

沖縄在住の伊達優さんの写真展が、加計呂麻島のあまくま(あちらこちら)で開催されています。
e0028387_14555026.jpg

沖縄と奄美の間を歩くと、境界はありませんでした。
自然は、どこまでもつながっているのでしょう。
人々の心も調和し、つなげていくものだと思っています。
素敵な加計呂麻島で、展示会を行わせていただくことに、
深い感謝と喜びを感じています。
皆様との出会いもまた、楽しみにしております。

入場無料

4月20日(土) : 終了
 10:00~11:00 須子茂公民館
 12:30~13:30 薩川公民館
 15:00~16:00 伊子茂待合所

4月27日(土) : 終了
 09:00~10:00 諸鈍公民館
 11:00~12:00 秋徳公民館
 15:00~16:00 西阿室公民館

4月28日(日)~4月30日(火) : 終了
 10:00~15:00 押角小中学校

5月1日(水)~5月6日(月)
 10:00~17:00 瀬相公民館
 地域おこし協力隊のモミちゃんもいるから、観光なんかのアドバイスも聞けるよ♪


★プロフィール
写真家・伊達 優(だて ゆたか)
1968・10・7 東京出生
1992 帝京大学経済学部中退
1999 沖縄移住
2009 シーカヤックで、沖縄~奄美大島へ単独渡航
2012 個展「orbit」@cafe assosia(沖縄)開催

中学2年の時、サーフィンに出会い「海」に興味を持つ。25才でカメラを持ち、島々を歩きだす。今、琉球弧を舞台に作品を作り続けている。

★伊達 優さんのブログ yd-fotoffice 沖縄、海の写真
★伊達 優さんの写真 伊達 優の写真

☆今回はフレームの一部に、加計呂麻島の貝細工が埋め込まれ、コラボが実現しました。来て見てね。
☆自家焙煎の美味しいコーヒーを飲ませてくれる「なますて茶屋」さんも出張してくれますよ。

協力:健康づくり推進員
問い合わせ先:080-1727ー9084 籾山
良いお天気の4月27日(土曜日)、勝能集落の「なのはな園」の運動会に行ってきました。友人の車でしたが、ポチ同行♪
e0028387_22214718.jpg
お、先客です。呑之浦の前田さんちのワンちゃん。名前を聞いたら「シロ」ちゃん(♀)。
e0028387_2223272.jpg
こちらは「クロ」君(♂)。見るからに西阿室の「トトロ」の子じゃが♪

どっちの子もポチに優しかった。ありがとー。
e0028387_2227012.jpg
e0028387_22271095.jpg
e0028387_22272378.jpg
e0028387_22273155.jpg
e0028387_22274263.jpg
e0028387_22275073.jpg
e0028387_2228563.jpg
e0028387_22281694.jpg
e0028387_22283172.jpg
e0028387_22284442.jpg
e0028387_2229026.jpg
e0028387_22291169.jpg
e0028387_22292590.jpg

半分くらいは、園の與島さん撮影です。ニコンの18-200mmのレンズがあれば便利だけど、普通車と軽と2台車検が続くし、年度初めの税金の支払いもあるから諦めましょう。

ヒロミさんの進行、楽しかった~♪
園長先生の同窓の「め~らんど」の皆さんがボランティアでお手伝いなさってました。ホント仲の良い同窓です(拍手)!

次は「夏祭り」ですね。また遊びに活かせて下さーい。
e0028387_2128692.jpg
e0028387_21282094.jpg
e0028387_21282932.jpg
e0028387_21284245.jpg
e0028387_21285286.jpg

みんな、ありがとう(感涙)!
by amami-kakeroma | 2013-04-30 21:29 | 日常 | Comments(0)
諸鈍集落の「定期総会」は、4月29日午後1時過ぎから、「諸鈍公民館」で行われました。
e0028387_22141094.jpg
e0028387_22142239.jpg

<事業報告等>

・昨年度は、三つの台風に見舞われたため、集落の放送施設に被害があり、電柱の修理やスピーカ購入などに出費があった。

・大田・里の川があふれたため、2度、端の下の土砂を撤去してもらった。

・繰の堤防のかさ上げの要望については、町の方でも対策を考えているようだ。

・定例行事の中で、豊年祭は地区ごとの余興があったりして盛り上がりが感じられる。これからも協力をお願いしたい。

・会計報告、監査報告→承認(監査の何でもあり、ホッと一安心)

<25年度予定>

5月2日(木) ホウ酸団子作り(婦人会)
6月11日(火) 諸鈍小中学校・諸鈍集落合同の津波を想定した「避難訓練」
6月23日(日) 道普請
7月7日(日) 2013 第21回奄美シーカヤックマラソン IN加計呂麻島大会(婦人会)
9月15日(月) 豊年祭並びに敬老会 この日は「敬老の日」
10月11日(金) ミキ作り(婦人会)
10月13日(日) 大屯祭(諸鈍シバヤ)
1月2日(木) 合同年の祝

・「諸鈍公民館」建設について
 建設費・維持費について、集落の負担ができるだけ少なくなるよう考えていく。
 予定地などのこともあり、詳しくは臨時総会などで検討。

・諸鈍に町が建設予定の「交流館」について
 建物などの要望を出したが通らなかった。
 町議会の段階で止まっているようだ。
 建つのならば、「諸鈍シバヤ」の展示が行われるので、昔のシバヤ人衆の方達にも声を掛けて、昔の写真を発掘したい。

<役員改選>
 区長、会計、監査については、後1年続投。
 地区の委員は改選。金久地区はハジメさんとツネユキさん、防災担当はエイシンさん。


ここ数日、Youtubeで里アンナさんの「夢やぶれて」を聴いて寝ている何でもあり。

『レ・ミゼラブル』の「プリンシパル・キャストスケジュール」を見たら、ファンテーヌ役の里アンナさんは、この連休中は5月4日と5日の昼の部にご出演です♪

東京にいた頃、帝国劇場に何度か観にいっていた『レ・ミゼラブル』。当時の配役はこんな感じ。ジャン・バルジャンを鹿賀丈史がやったときも、滝田 栄がやったときも観たな。演劇好きの友人がいたからこその想い出です。

 ジャン・バルジャン/ジャベール
  鹿賀丈史、滝田 栄
 エポニーヌ
  島田歌穂
 ファンテーヌ
  岩崎宏美
 コゼット
  鈴木ほのか
 マリウス
  野口五郎、安崎 求
幼い頃から免疫力が弱かったため
長いことヨガを学び始める

自然と『宇宙の摂理に沿って生きる』考え方のマクロビオティックに興味を持ち
リマクッキングスクールに通い
マクロビオティックの奥深さ、面白さを学ぶ

インドに渡り
ヨガや食事、シンプルな暮らしぶり…沢山の事を学ぶ

2011年の夏より神奈川県の鵠沼海岸から
奄美の加計呂麻島へ移住し
自然農を格闘しつつ
手作りでシンプルな暮らしを楽しむ毎日

現在は、おやつの発送、イベント出店、お弁当の配達、料理教室など食の安全性をテーマに活動中

土日のみ、加計呂麻島の小さな自宅で
マクロビオティックのおやつと
天然酵母パンのお店をオープンしています

 ↑

そんなtsumugiさんが、いよいよ4月27日から「マクロビ弁当」を開始!!!
e0028387_2523537.jpg

「まとまった数のお弁当も、3日くらい前にご連絡いただければ、できる限り対応させていただきたい。」っておっしゃってましたよ。

一人前700円から。季節によって準備できるお野菜なんかも変わってくると思うので、できるだけ早めに相談してみてね。
地域おこし協力隊のモミちゃん情報!

「土星と春の星座の観察会」

 5月4日(土)夜7:30~
 俵集落の桟橋前集合

 雨天時は、俵中学校の家庭科室でパソコンを使って「星空の話」をして下さるそうです♪

「平成25年度瀬戸内町地域提案型事業の募集について」

町では、「自然・文化を生かした住民参加・人づくりのまち」を基本理念として、住民参画と協働により、安心して住み続けることのできる「まちづくり」を推進するための活動(事業)に対し、補助金を交付します。

交付対象者は、瀬戸内町内の集落や自治会、任意団体等で、地域提案型事業として交付決定を受けたものに対して活動費の一部を町が助成(上限30万円)するものです。

具体的な活動内容は、集落内道路の維持管理作業や高齢者の見守り・支え合い活動、文化芸能等伝承活動、地域産業活性化支援などです。

申込期間は、6月28日(金)必着となります。


対象となる活動(事業)

地域の課題解決や活性化を図るため、集落や団体、NPO 等が主体となり実施する活動(事業)は、次の分野に関する活動(事業)とする。

〈分野の例〉
○集落の美化緑化活動
・花と緑のまちづくり
・緑地帯、街路樹、水源涵養林等の植林、管理等
・集落内道路の維持管理作業等

○高齢者、生活弱者、独居世帯等の見守り・支え合い活動
・民生委員、消防団、青年団等見守りボランティアと連携した声かけ、見守り
・防災対策や避難訓練・救助活動
・独居老人の自宅周辺の環境整備等

○子育て支援
・幼稚園保育後の園児又は小学生の放課後保育
・地域の人材を活用した登下校時の児童生徒の見守り活動等

○文化芸能遺産等保存伝承整備
・地域文化の保存伝承活動
・地域の歴史・産業遺産等の保存整備活動

○地域産業活性化支援
・地域特産品開発・販売促進活動等
・地域における食生活改善普及活動

○観光/交流
・島外への観光情報等の発信
・集落内の空家活用


交付要綱及び応募書類は下記からダウンロードできます。

交付要綱

地域提案型事業補助金交付要綱

応募書類

・リンクがうまくできませんでした。町のトピックから入ってダウンロードして下さい。

≪お問い合わせ及び申込先≫
〒894-1592 瀬戸内町古仁屋船津23番地
瀬戸内町役場 企画課 きらめき推進係
TEL 72-1112(直通) FAX 72-1120(代表)
瀬戸内町のHPのトピックスに、「平成25年度瀬戸内町地域提案型事業の募集について」が載っていたので読もうとしたら、リンクが繋がっていなーい! ←http://www.amami-setouchi.org/node/1245/ で、開きました♪

とりあえず、どんなものか前年度のものであれば見てみようとトピックスを遡っていったら、『瀬戸内町過疎地域自立促進計画(平成22~27年度)』なるものを発見。

◎過疎地域自立促進計画法が6年間延長されたことに基づき「瀬戸内町過疎地域自立促進計画(平成22~27年度)」を新たに策定しましたので公開します。

以前、読んでいるとは思うけど、人口、産業構造などの変化などがまとめられていたりするので、再読。その中で、何でもありが特にかかわりを持っている「観光」部門について抜き書きしてみました。

赤字にしてあるところは、何でもありがもっと力を入れて欲しいと思っているところ。例えば、HPはデータの更新ができてないよね。作った後のメンテナンスが大事。紙のパンフとともに、情報の入れ替えをお願いしたいワ。

「瀬戸内町観光振興基本構想」は、心のこもったものができて欲しいワ。

農業、水産、商業、中学校統合計画などにも触れているところもあるので、興味のある方はご一読下さい。

トピックス:瀬戸内町過疎地域自立促進計画(平成22~27年度)
http://www.amami-setouchi.org/node/889

過疎地域自立促進計画書
【平成22年度~平成27年度】
鹿児島県瀬戸内町
http://www.amami-setouchi.org/sites/default/files//img/kasojiritsukeikaku.pdf

2 産業の振興

(1) 現況と問題点

オ 観光

本町には、年間12万人程度の入り込み客があるが、宿泊数は約3万人程度で微増傾向にあり、入り込み客数は、横ばい状態にある。

観光形態は、奄美市を宿泊拠点とする通過型観光となっており、観光客は本町の豊かな自然等を満喫し、宿泊は奄美市へというのが現状である。

本町には多くの観光資源があり、この自然や文化・文化財など本町の持つ魅力と特性を十分に把握し、活かしきれていない現状がある。

これらのことにより、本町では、観光コーディネーターの配置や、山ガイドや町内をオールマイティに案内できるガイドの養成に取り組んでおり、今後の観光振興に繋げていきたいと考えている。

また、交流人口の増を図るため、3大都市での観光PR活動や、学校訪問による、修学旅行の誘致活動を実施している。

(2) その対策

オ 観光

本町の観光情報発信については、観光ポスター・パンフレットやホームページ、体験メニュー満載のDVD・チラシを活用したPR活動を展開し、観光ブックを作成するとともに、「島案内人」人材育成講座を実施し、人材育成と受入態勢の整備・充実を図る。

また、観光協会、観光物産展、ホームページ、せとうち「海の駅」等の特産品販売所、マスメディアなどあらゆる場を活用した情報発信に努める。

観光振興についての基本方針を定める「瀬戸内町観光振興基本構想」を策定し、これに基づく施策を各種関係機関等と連携し、観光振興を図る。

また、本町屈指の観光資源である諸鈍デイゴ並木をはじめ、本町には多くのデイゴの木が存在し、これらの樹木がデイゴヒメコバチにより被害を受けており、この保護対策に努める。更に、埋もれた地域の観光資源の掘り起こしに努める。

交流人口増を目指し、各種イベントへ多くの観光客の参加を促すとともに、より魅力のあるイベントとなるよう創意・工夫に努める。

また、戦跡や自然環境・文化的資源を活かした平和教育や体験活動等のメニューを提示して、修学旅行等の誘致活動や観光客誘致に努めます。
by amami-kakeroma | 2013-04-27 23:28 | 観光 | Comments(0)
名瀬の方とかでアカショウビンが鳴いていると情報が入ってきていて、何でもありはジレておりました。

ようやく、よーやく、先程、家の裏山で「ビーヒョロロロロー」という鳴き声が聞こえてきました。待ってました♪