「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

2月1日「琉球新報」
「奄美・琉球」世界自然遺産へ 暫定リスト記載

政府は31日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を外務省で開き、2003年に世界自然遺産の候補地に選ばれた「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄両県)を世界遺産暫定一覧表(暫定リスト)に記載することを決めた。…

2月1日「やんばる東村 高江の現状」
オスプレイパッド建設中の森が世界自然遺産暫定リストへ
沖縄タイムス
「奄美・琉球」世界遺産暫定リスト掲載
「本島北部のやんばる地域が推薦の前提となる国立公園化の候補地となった場合、米軍北部訓練場は国立公園の対象外となる。環境省は北部全体として価値があるとした上で、同訓練場は返還されない限り国立公園化は難しいとの見解を示した。」
やんばるの森は課題山積 保護と活用議論へ
「世界自然遺産登録を主に担当する環境省は、北部訓練場部分をひとまず切り離して、遺産登録を目指す考えだ。」
by amami-kakeroma | 2013-01-31 23:47 | 観光 | Comments(0)
皆さんご一緒に、名瀬まで検診にお出かけですって♪ いってらっしゃ~い!!!
e0028387_23403295.jpg

本日午後、「クロマグロ養殖反対の会」の別府さんから、龍郷湾でのクロマグロ中間育成事業計画から豊田通商さんが撤退するとの表明があったとお電話を頂戴しました。「クロマグロ養殖反対の会」さんの掲示板を見に行くと、豊田通商株式会社食料事業部さんから発表された文章が載っていました。「撤退」とおっしゃっていましたが、文面には「当面の間、凍結」とあります。「当面の間」って? 「凍結」って? どんな含みをもたせているんでしょうか。実質、撤退ということなんでしょうか。気になります。

龍郷湾西原地区沖における「完全養殖クロマグロ中間育成事業」計画凍結のお知らせ

 このたび、当社が龍郷湾西原地区沖で計画しておりました「完全養殖クロマグロ中間育成事業」につきまして、当面の間、検討を凍結することと致しました。

 龍郷湾は完全養殖クロマグロ中間育成に適しているとの調査結果に基づき、環境への影響も最大限配慮した持続可能な養殖を目指す事業計画でしたが、現在の状況を総合的に勘案した結果、このような判断に至りました。

 これまでに、図らずも、龍郷町民の皆様をお騒がせしてしまいましたことを、お詫びいたしますとともに、計画推進にご尽力いただきました奄美漁業協同組合、龍郷町クロマグロ推進議員連盟の皆様をはじめ、応援くださった町民の皆様には、心より御礼申し上げます。

e0028387_0171476.jpg

散歩の最後の最後でポチに逃げられることのあるアキさん。

呼んでも、「べー。」みたな顔して逃げられちゃう。本人(犬)は追っかけてきてもらって遊びたいのだろうが、人間様はそうはいかない。

最後は、大体、近所のコロの家で遊んでたりするので、適当な頃に呼びに行く。ここでアキさんが呼んでも来ないんだなー。何でもありが呼ぶと来るんだなー。

原因は「アキさんが呼んで捕まえた後、怒るからではないか」とネットでそのへんを調べてみたら、ぴったりの事を書いてあるブログの記事「犬が飼い主を信じられなくなる時」 に行き当たった♪

呼ばれて行ったら褒めてくれなくちゃね~♪ もちろん、アキさんに読んで聞かせましたぞ。その後、「面倒くさいなあ」と言いながらも、褒めてるアキさんです♪
by amami-kakeroma | 2013-01-27 19:10 | ポチ | Comments(0)
「秋と春のコラボ」。まさに、今の加計呂麻です。
e0028387_2203373.jpg

下の「芦徳集落西原地区沖海面における豊田通商によるクロマグロ養殖計画」の記事にコメントを下さった「奄美と写真と自然のお話&趣味の料理」ブログの荒田さん。

どんな方だろうとブログを拝見していくと、家族愛、奄美愛、料理愛に満ちた方でいらっしゃいました♪

本日、お菓子作りの講師をしてきた♪ 何でもありですから、え?はい、ネットでレシピを検索して、試作して、成功して、材料そろえて、本番でレシピを配って作ってもらっただけです。クックパッドさん、ありがとー♪

話が逸れました。

荒田さんちの基本の油ソーメンの作り方、応用編の作り方とかあって、何でもありが特に食いついたのは、「余ったカシャ餅にキンカンを加えて一工夫した食べ方」。おー、柑橘類プラスも良いかもって思いません? あ、当日の記事のタイトルは違いますよ。

広告カメラマンをなさっている方ですから、食べ物も景色も素敵な写真。文章も分かりやすい。すみません、早くパスタのところを読みたいので、ご紹介もこれにて失礼します!
龍郷町芦徳集落の別府区長さんから「豊田通商によるクロマグロ養殖計画」について電話をいただきました。新聞記事で簡単な経緯は知っていたけど、教えていただいた「芦徳集落HP」「マグロ養殖問題」のページでもう少し詳しく知ることができました。

養殖計画に反対の署名をするかどうか、自分なりに考えてみます。このブログを読んで下さっている皆様も、それぞれにお考えいただければと思います。

e0028387_22473082.jpg

<生産計画>
 2013年度(初年度) 30mいけす 4基
               中間育成 12,000尾
 2017年度(5年後) 30mいけす 18~24基
               中間育成 40,000~60,000尾

 日の出から日没まで、1時間に1回の生餌、配合飼料を給餌。

【関連記事】
芦徳集落西原地区沖海面における豊田通商によるクロマグロ養殖計画
芦徳集落西原地区沖海面における豊田通商によるクロマグロ養殖計画 その2
芦徳集落西原地区沖海面における豊田通商によるクロマグロ養殖計画 その3
芦徳集落西原地区沖海面における豊田通商によるクロマグロ養殖計画 その4
「芦徳集落HP」
「マグロ養殖問題」のページ
署名用紙
奄美大島龍郷湾クロマグロ養殖反対の会
豊田通商(株)プレスルーム記事「豊田通商と近畿大学、クロマグロ完全養殖事業で技術協力提携 ―― 世界初「中間育成」の商業化 ――」

【参考資料】
持続的な養殖生産の確保を図るための基本方針にかかる運用通達について
魚類・貝類養殖漁場の底質について
海域の物質循環健全化計画気仙沼湾地域検討委員会
押角にあるマクロビのお店「tsumugi」さん情報です。

押角集落のミャードと呼ばれる山手の道沿いの桜並木がとってもキレイなんですよ。先日の日曜日に集落の皆さんで奥の広くなっているところの草刈りなどもなさったそうで、お客様のお迎え準備万端♪

行き方は、瀬相港からのバスに乗って押角公民館前下車。海を背にして公民館の右側の道を奥へ進み、突き当りを左へ。後は、右手に山を見ながら、ひたすらに川の右側を山手へ進むのであります。「ひたすら」って書きましたけど、そんなに遠くじゃありませんよ。

車でいらした方は、例えば押角小中学校入口辺りの県道が広くなっているので学校側か、海側の県道の広くなっているところに駐車なさるとよろしいかと存じます。

次の土日に「tsumugi」さんが開いてたら、マクロビのクッキーやパンが買えてラッキーなんだけどなー。
by amami-kakeroma | 2013-01-23 11:51 | 観光 | Comments(0)
東京は亀戸で、2006年5月から6年7ヵ月間奄美と東京をつないでいた「黒糖焼酎とシマ料理のお店“奄美の家”」も、いよいよ店舗の鍵の返却が終わり、店主さまも奄美へ戻られるとのこと。

奄美の家日誌」ブログさんのの1月23日の記事さらば亀戸「奄美の家」には、多くの方への感謝の言葉が綴られています。熱いです! 

お疲れさまでした! そして、今後の龍郷からの発信を楽しみにしています!!!