<   2010年 10月 ( 54 )   > この月の画像一覧

「宇宙航空研究開発機構」の中の「地球観測研究センター」の陸域観測技術衛星「だいち」が鹿児島県奄美大島豪雨にともなう緊急観測を行い、その画像データが公表されています。

奄美大島北部の龍郷町秋名と役場付近の2箇所です。

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による鹿児島県奄美大島豪雨にともなう緊急観測結果
知人からボランティアについて告知依頼がありました。自分が風邪で参加できないため、告知しそこねていました。ありがとー。以下のとおりです。

何でもありさんのブログのトップにあった、「赤い光が灯るまでin奄美大島」からコピーしました。

赤文字で「明後日」とあるのは、10月31日(日)からです。

瀬戸内町社協さんも、明日は受付にいらっしゃるとのことです。

若者(・・・苦笑)の一人として、友人たちとお手伝いに行きますが、何でもありさんのブログでも告知いただければ幸いです。


被災地のボランティアを統率している、社会福祉協議会に連絡を取りました。
力仕事のボランティアに必要な物は、

①長靴など、しっかりした靴
②軍手
③昼食

だけだそうです。

明後日から連日力仕事ボランティアが再開され、9時に体験交流館に集合すれば、
まず無料で傷害保険に入れてくれるそうで、その後、必要な場所へ配属されます。
解散は16時とのこと。

奄美に住む健全な若者の皆さん。
皆で誘い合わせて参加しましょうね。
今こそ島を想う気持ちを形にする時ですよ!!

e0028387_122914.jpg
寄り道したサイトで見つけたのりパンチとデコ切りを駆使したお弁当の技。なんて可愛いんでしょ♪

何でもありは、やらんけどね。
by amami-kakeroma | 2010-10-30 12:32 | 日常 | Comments(0)
 諸鈍の大島紬の泥染工場は大正八年に創設、操業は十年ごろから。技術は、徳仲憲という人が古仁屋および名瀬で習得したもの。染め方の順序は、初めテーチ木を小さく切って刻んでから釜で煮詰めた。釜の中には灰を混ぜ、朝八時から晩の九時ごろまで煮ると、木の汁が出て水は色がつく。水を冷やし、小さな一斗鍋に移し糸を染める。染めては干し、干しては染めるという調子で、三回ほど繰り返す。ついで泥染めは、田の泥にも三回ほど泥染めしては干す。この作業のあとは締機(しめばた)に掛ける。

                    「奄美、トカラの伝統文化 祭りとノロ、生活」下野敏見 南方新社 P286
by amami-kakeroma | 2010-10-30 11:24 | Comments(0)
台風一過の青空のもと、日常が戻っている加計呂麻島です。

皆さまのパワーで台風14号が東にそれたと喜んでおりましたが、あの台風は勢力を弱めたとはいっても、気象庁のレーダー・ナウキャストで見ると、伊豆諸島・千葉から東に雨を降らせながら、依然東進中。

お願いだから、どこにも大きな被害を残さないで!
弱くなって、消滅してちょうだいっ!!!

          ● ● ●

昨日、近くまで車を走らせていたら、お宿の方に会い少し話をしました。

「今月の予約のキャンセルは覚悟してたけど、来月、再来月と、初めてなんだけど、1月の分のキャンセルまで入ってきたんですよ。こんなこと、初めてです。」

んー、影響大です。

「マングローブカヌー」も、出発地点の変更などありますが、ツアー可能です。
「黒糖焼酎」も、美味しいものが瓶詰めされています。
雨・台風による海の濁りもとれてきました。
本来11月は、観光にお勧めの季節です。

ツアーの業者の皆さんが一番確認したいのが、道の安全でしょう。

今、奄美大島本島は全力で復旧作業を進めています。

加計呂麻島は、すでに穏やかな暮らしに戻って、皆さまのお越しをお待ちしています。

キャンセルは、お待ち下さい!
by amami-kakeroma | 2010-10-30 09:40 | 観光 | Comments(0)
本日12時少し前から、近所のヤスヨさんを誘ってドライブ。諸鈍側は風も穏やかで台風はどこ? という気配なので、大島海峡側をチェックするのが目的。
e0028387_1928981.jpg
猫達は、すっかり寛ぎモード。生間との間のアハティジを越えると、少し強い風に変わりました。たいしたことないけど。
e0028387_19355515.jpg
左から、「ビーナス5」、「かもめ丸」、「でいご丸」、「とびうお3号」。繋いであるから、1艘だけ出航というワケにはいかないよね。

夜は流木が見えないから、明朝からの通常運行でしょう。
e0028387_19395636.jpg
渡連の「来々夏ハウス」さん前まで来たら、時季はずれだけどゴールデンシャワーが二房咲いてました。気持ちを明るくさせてくれる黄色です♪ 安脚場へ向かう途中、昨日ヤスヨさんとご主人が除けたという枯れ松の大きさに驚き、砲台へ上がる道の枯れ枝や岩をどけて展望台へ。
e0028387_19444744.jpg
ありゃー。シラタマカズラが巻いて写真スポットだったんだけど、この松も倒れちゃいました。
e0028387_19454374.jpg
午後に管理人さんがチェックに行かれたので、防備衛所には安全に入れるようになったと思います。
e0028387_19471293.jpg
12時12分、青空が覗きました。
e0028387_19481394.jpg
県道下の工事跡がご覧になれます? コンクリートで崖面を覆ってくれたので、大雨や台風の時の赤土流出がこれだけに抑えられているんです。以前、ここに予算をつけるために、自腹で調査に来て下さった若い役所の方を案内させていただきました。ありがとー!!!!
e0028387_19524522.jpg

<10月29日>
「本日、奄美の火を消します。」→  「いのちの環」ブログをご覧下さい。

<10月27日>
「奄美の火の祭壇です」→ 「いのちの環」ブログをご覧下さい。

<10月24日>
「24日(土) 13人のグランマザー国際会議 第2日目」→ 「いのちの環」ブログをご覧下さい。

<10月23日>
「霧島 in 鹿児島での祈りの環」に変更になりました。→ 「いのちの環」ブログをご覧下さい。
グランマザーの聖なる火が奄美にも灯りました。 → 「かみさまの住む島 奄美!」ブログをご覧下さい。

<10月22日>
10月22日から25日まで奄美大島で開催される予定だった『13人のグランマザー第8回国際会議』。豪雨災害のために奄美入りできないでいる13人のグランマザー他の一行は、鹿児島空港まではいらしているようです。

今、この奄美で祈っていただきたいと願っておりましたが、このような現状です。霧島で奄美に向けて祈っていただければうれしいです。

e0028387_174215.jpg
                                          (写真:「いのちの環」HPより)
朝からほとんど雨は上がってます。島の南側にあたる諸鈍湾は穏やか。

7時過ぎに、隣のポチ達の散歩をしてきました。

今、セミも鳴き始めています。
風が少し強いです。
e0028387_10452539.gif

                             (レーダー・ナウキャスト:奄美地方(気象庁)から
郵便局へ行った帰りに、田んぼの中の里道を通って帰ってきました。
e0028387_17242537.jpg
サギ達が嵐の前のお食事中。
e0028387_17254838.jpg
道も中ほどまで進むと、10月20日の集中豪雨で川の水が田んぼの中を流れ下った様子がはっきり分かります。
e0028387_17271912.jpg
こんな木や、
e0028387_1727471.jpg
こんな木が残ったままです。今年、この少し上で黒米を作っていて、これは無事。茎がしっかりしているんでしょうね。
e0028387_17294035.jpg
この川があふれました。

今度は、溢れちゃ、駄目よ!
この時点で停電ですか。参ります。

30分でついた。焦るぜ・・・。