<   2009年 02月 ( 60 )   > この月の画像一覧

e0028387_21281358.jpg
こんな雲の多い朝でしたが、なんとか昼間は日も射して暖かでした。
e0028387_21294264.jpg
つい、ココを見ちゃいます。
e0028387_21303277.jpg
こんなことして帰ってきましたー。
津田さんご一行とお別れして、トコトコ遊歩道を戻ります・・・。
e0028387_23391282.jpg
一人になった寂しさを慰めてくれるのは、きれいな景色です。今は満潮。乾いた緑の藻が波打ち際に見えます。少し深くなった干潮時の波打ち際のあたりにも緑の藻が揺れているのが分かりますか。
e0028387_23432495.jpg
今日はいいお天気。島尾敏雄さんも、ミホさんも、マヤさんも、ヒカンザクラを愛でていらっしゃるでしょうか。
e0028387_2345726.jpg
板根で有名なサキシマスオウです。

車に戻ったところで、昨日から「インフルエンザ K(カケロマ)型」の重症患者さんが加計呂麻にいらしていることを思い出しました。連絡をとってみましょう。

治療にいらしているそうです♪ 早速、行ってみましょう!

西阿室の丸山さんのお宅へ到着。そうですか。近くにいらしてて、もうじき戻られますか。
それでは、待っている間に丸山さんが作ったランプシェードの撮影をしましょうね♪
e0028387_23494973.jpg
e0028387_23504524.jpg
e0028387_23511221.jpg
先日、奥様のひろみさんが作った作品をアップしましたが、丸山さんも触発されて作ってみたのだそうです。まだ途中で、これから貝殻の間から光が漏れないよう内側から隙間に貝殻を貼り付けなくっちゃいけないんですって。たいへーん。
e0028387_23544940.jpg
お、患者さんのお戻りです♪ 川口さん、いらっしゃいませ~~~。
e0028387_23563583.jpg
転地療養で治された坂田さんもご一緒でーーす♪

川口さんはこちらにいらして、すっかりよくなったようですが、お仕事に戻ったら、ぶり返すんじゃないでしょうかー♪
e0028387_014638.jpg
e0028387_022917.jpg
今、お土産の「ぬれ甘なっと」をいただきながら書いています。いやん、おいし~~、懐かし~~♪

都会の香りをありがとー。また、加計呂麻でお会いしましょうね♪♪♪
今日のお客様は、奄美市名瀬のトナイ不動産さんがご紹介下さった津田さん外3名の皆さまです。午前中に半潜水艇「せと」さんに乗って、生間港12時着の「フェリーかけろま」でお越し下さいました。

全員が「よろしく!」なんて握手して下さって、何でもあり、照れちゃいましたー。
e0028387_22441417.jpg
「腹が減っては戦は出来ぬ!」ということで、お昼は民宿「和の夢」の「三献料理」となりました。これは、「三献」が終って、お食事をなさっているところです。

いやー、皆さん明るい! それに、和代姉さん手作りの、30度の黒糖焼酎「瀬戸の灘」にスモモとザラメを入れて8年寝かした「スモモ酒」も効いて、駄洒落が飛び交う賑やかな昼食になりました。

おっと、ゆっくりしていられません。「和の夢」さんを出たのが13時20分頃。これから、安脚場→諸鈍→呑之浦と回って、呑之浦の入り江を3時15分には出発しなければならないんです。
e0028387_2254428.jpg
「安脚場戦跡公園」では、皆さんで第一展望台から探照灯跡の第二展望台までを歩いていただきました。いってらっしゃ~い!!

お天気はいいし、きれいな景色をご覧いただけましたよ。それでは、諸鈍へ向いましょう!

諸鈍では、「諸鈍長浜公園」にある記念碑をご覧いただき、デイゴ並木の林家の説明をして、何でもありは並木奥へ車を運んで皆さんをお待ちしました。10分の散策時間です♪
e0028387_233773.jpg
あら~、「観光ネットワーク奄美」の橋口さんじゃあ~りませんか。お客様とご一緒ですね。え? どうしました?
e0028387_22585222.jpg
大変です。干してあった網に鳥さんが2羽ひっかかっているので、先程網の持ち主を聞きたくて、携帯に電話を下さったのだそうです。二人でだいぶ外したのだそうですが、まだ結構からまっています。

何でもありたちも、橋口さん達も船の時間が迫っています。どうしましょう・・・、と困っていたら、琢磨君が釣竿片手に自転車でやってきました。彼もどうしようもないことが分かって、網の持ち主のところへ伝えに行ってくれることになりました。ありがとー、琢磨君♪

皆さんが車のところまでいらして、出発です。「大屯神社」で「諸鈍シバヤ」のお話をして、急ぎ呑之浦へ向いました。

呑之浦へ着くと、「でいご丸」さんがお迎えに来てくださってます。まだ時間がありますから、サキシマスオウの木や、震洋艇、格納壕などをゆっくり見ながら入り江の入り口へ進みましょう。

そうですか。徳之島ご出身の津田さんは、同窓会でスリ浜の「マリンブルーカケロマ」さんで会食をなさったことがあるんですね♪  観光は初めてですか。今日は急ぎ足になりましたから、またゆっくりいらして下さいね。
e0028387_23253151.jpg
全員、ハシゴで乗船なさいました。
e0028387_2329348.jpg
動きますよー。
e0028387_23301412.jpg
あれ~~~~、
e0028387_23311145.jpg
なんだか「でいご丸」が、七福神を乗せた「宝船」のように見えてきました♪

今日は短い時間でしたが、明るく楽しい時間をいただきありがとうございました! 是非、次回はご家族連れでお越し下さいませね。お待ちしております!!!
by amami-kakeroma | 2009-02-07 23:32 | 観光 | Comments(0)
               タンカンのお申込を下さった皆様、ありがとうございます!

                    第一回目の発送は、9日(月曜日)です。
                     もう少々お待ちくださいませ~~~♪
e0028387_95230.jpg
e0028387_953585.jpg
e0028387_96099.jpg
育て始めて8年目というコーヒーの木が、収穫のときを迎えていました。

種類は「ブラジル」とか。高さ2m以上高くならないように、切り揃えられていました。

コーヒーの木も育つ、加計呂麻島でしたー♪
e0028387_23565442.jpg
                                 わーい!
( ↑ 変なトラバがくっつきそうなので、7日朝にタイトルを変更しました。)

今日のお客様は大阪からお越しの俣澤さん。昨日、ご予約のお電話をいただきました。

「どちらにお迎えにあがりましょうか?」
「今晩は、花富の親戚の家に泊まる予定でいるんですが・・・・。明日は名瀬へ戻るつもりです。」
「分かりました! 花富のバス停に9時半にお迎えに行きますね!」
e0028387_22474097.jpg
ということで、今朝、バス停でお待ち下さっていた俣澤さんとオバさん達です。

「母に花富のどのあたりの家を訪ねればいいの?って聞いたら、会った人に●●オバの家はどこですかって聞きなさいって言われたんです。

そして、あんた誰ね? って聞かれたら、△△の娘よ。って答えればいいって。本当かしらと思っていたら、それで分かっちゃいました♪ 」

って、笑っていらっしゃいましたけど、本当にこちらではそうなんですよ。羨ましいくらい濃い人間関係です。

お二人に見送られながら、出発です! あまりにもいいお天気なので、花富峠へ上がって与路島から曽津高崎までを眺めましょう! 残念、ガスっていて徳之島は見えませんでした。

西阿室集落へ降りて瀬相へ向おうかとしましたが、西阿室・嘉入の工事が終っていそうなので、途中から嘉入への林道へ入りました。通行止めの看板がありませんから間違いない!

快調に車は進み、終点の嘉入へ出ました。バッチリ舗装工事完了しています。今は、両脇のノリ面にリュウキュウバライチゴの白い花が咲き乱れていました。

嘉入の滝を車中で眺めてから県道へ出て俵集落を過ぎようとすると、道路脇に俵小学校の子供達の姿が見えました。
e0028387_23142031.jpg
徒競争の成績発表をしていたところでした。少し離れて父兄の方も拍手していました♪ ん? もしかしたら、この道路の直線部分を使ったのかしらん?

昨日は瀬相から花富までバス利用だったということで、於斉のガジュマルを見てから行きましょうね。しまった! 写真を撮ったつもりでいましたが、俣澤さんのカメラででしたね。
e0028387_23193442.jpg
呑之浦へ行くと、今度は古仁屋高校の生徒さんがたーくさんお弁当を食べていました。

「何の行事なの? 遠足?」
「違いますよ、エンコウ!」
「エンコウ? あ、遠行ね!」

ハウス in カケロマさんのHPの本日のフォト日記によると、「生間港~呑の浦 往復23㌔ 1、2年生99名参加」だそうです。お疲れ様です!!
e0028387_23313825.jpg
e0028387_2332209.jpg
スリ浜で波の音を聴いてから、お昼を食べに「ブラウンシュガー」さんへ。ご親戚のお宅で朝御飯をたくさん出していただいたそうで、軽く召し上がっていただくことになりました。
e0028387_23361659.jpg
これは何か分かりますか? 昼食後にまず訪れた安脚場戦跡公園の弾薬庫の通気穴です。ルリカケスの巣作りが始まっているのでしょう、新しい木の枝が集められています。
e0028387_2339241.jpg
園地のケラマツツジも咲き出しました。
e0028387_23402358.jpg
ヒカンザクラはピークを過ぎようとしています。
e0028387_23421278.jpg
徳浜。
e0028387_23452722.jpg
諸鈍デイゴ並木では、コロがお迎えしてくれました。この後、「大屯神社」で諸鈍シバヤのお話をして生間港へ着いたのは3時45分くらい。

今日の花富峠~西阿室~嘉入のコースは、何でもありの道路状況調査におつきあいいただいたようなものです。思いついたときに行かないと次はいつになるか分からないもので、今日確認できてよかったです。

実は俣澤さんも、大阪で観光に従事なさっている方なんです。是非、その力を奄美でも活かして下さい! ご縁のある加計呂麻を、もっと深めにいらして下さいね。今日はありがとうございました!!!
by amami-kakeroma | 2009-02-06 23:55 | 観光 | Comments(2)
この2月から立ち上がった、「瀬戸内漁協」内にある組織のようですね。

「離島漁業再生支援交付金を活用して、沿岸漁業資源維持・増進、漁場環境の保全、漁業集落の活性化、漁獲量の増加等、所得向上を目指し、漁業再生活動の取り組みをしています。」と、HPで紹介されています。

瀬戸内で獲れるお魚が、申し込むと買えるんですよー♪

口座が「鹿児島県信用漁業協同組合連合会本店」ですね。振り込む金融機関によっては、手数料が高いかもしれませんね。郵便局の口座も作ってくれると利用しやすいような気がしますが、どうでしょう。

こちらで獲れるお魚の姿、名前(方言名)、ついでに値段も分かるので、まずは覗いてみて下さいね。

  「せとうち漁業集落」のHP

  「せとうち漁業集落」のブログ (まだ、記事のアップは少ないです。)
先程、瀬戸内町のHPにアップされました! ホヤホヤ♪

しかーし、募集期間が6日間と超短いので、応募する方は急ぎ検討して、急ぎ応募して下さい!


             「町営ふるさと住宅」入居者募集のお知らせ

              募集住宅  : 瀬相・請阿室・伊子茂住宅の3棟
                       (瀬相は新築との情報あり♪)
              家   賃  : 月額25,000 円
              間 取 り :  町ホームページせとうち空き家バンク
                       NO-6請島住宅を参考してください。
e0028387_1492513.jpg
                               頂いてきちゃいました♪
              募集期間  : 平成21年2月12日~2月17日
                       9:00~17:00(土日除く)
              問合せ先 : 建設課住宅管理係
                       ℡0997-72-1197(建設課直通)
            「100歳の群島、奄美の食と文化」長寿写真展示&奄美物産展」
                     “100歳を撮り続ける写真家”山中順子が
                     「100歳の島 奄美」の天然食材を厳選提供
e0028387_1034116.jpg
    泉重千代さん(120歳)と本郷かまとさん(116歳)。ギネスブックに載った長寿世界一の
    日本人です。2人とも奄美諸島の徳之島の出身。

    鹿児島と沖縄の間に浮かぶ奄美諸島は8つの島からなり、人口は約13万人。100歳
    以上の長寿者は130人(2008年9月1日現在)で人口10万人当たり105・66人。
    全国平均(28・39人)の3・72倍、日本一の長寿県沖縄(61・03人)の1・73倍という
    「100歳群島」です。

    100歳の方々は、島の自然や祖先に感謝し、島の自然で育った食材を頂き、島の自然の
    暦(旧暦)で、自然体でゆったり暮らしています。元気でほがらか。感謝の気持ちを忘れず、
    だれにも優しく接しています。

    その100歳の島々に10年近く通い、100歳の暮らしを撮り続けている写真家 山中順子が
    島の天然食材を厳選、現地直送でみなさんにお届けいたします。
    開催中は会場におりますので、お立ち寄りください。


                           開催日程

               ●2月4日~2月9日 10:00~20:00
                 小田原(鴨宮)ロビンソン百貨店
                 神奈川県小田原市中里208 0465-49-7111

               ●2月11日~2月17日 10:00~20:00
                 春日部ロビンソン百貨店
                 春日部市粕壁東2-5-1 048-763-1111


<山中順子さんからのメッセージ>

奄美長寿写真家・フードブランディングプロデューサー山中順子です。

私が奄美を訪ねて約10年。以来ライフワークとし奄美の旧暦文化や食、長寿、シャーマニズム等を題材に作品を撮り続けてまいりました。2008年12月には「奄美を持ち歩く」をテーマに初の奄美手帳を制作発売し多くの反響を頂き、皆様に知ってもらう機会が深まりました。

この度2009年からは長寿食のブランディングを主とした物産展を「徒根屋(とねや)」として新たな屋号で奄美の長寿ブランドの確立を目指しています。消費者の多い都内デパート等、各地のこだわりのお客様へ奄美群島の本物の食と心を伝えるイベントを五感に響くシマの空間・暮らし・百歳の写真で表現し、シマの恵みを発進します。

是非この機会に徒根屋セレクトの手作り味に触れ、100歳の写真を通じて奥深い奄美を感じていただけたら幸いです。

※ 徒根屋(とねや):
奄美の歴史にはノロ(琉球王から任命された巫女、祭りを司る神)神様がいらっしゃいました。そのノロ様が住む家(琉球王国最高の聖域でノロの住家、祭りの振り出しの場所)をトネヤと言います。

「徒」は「仲間」(共に)、「根」は物事の元、大事な幹の部分。物事のはじめや根・幹部分を共有する屋・店(時空間)という意味で名づけました。自然(神様)の恵や幸を皆で「共有できる場所」。真心で手造りしたシマの恵みを「繋ぐ空間」。それが徒根屋です。

                             徒根屋(とねや) 山中順子
                             〒894-0034 奄美市名瀬入舟町18番21号
                             関東販売所 〒233-0006
                             横浜市港南区芹が谷2-23-11-41
                             TEL/FAX 045-824-8076
                             携帯090-1998-7752