<   2008年 12月 ( 64 )   > この月の画像一覧

今日のお客様は京都からお越しの小島さんと竹山さん。小島さんは、古仁屋の隣の清水に住んでいた「てげてげ節」ブログのsemenatuさんのお友達ですって。semenatuさん、ブログ、休みすぎじゃが!
e0028387_2315580.jpg
お二人は、知覧・鹿屋の特攻基地跡をご覧になってから奄美に入られました。今回の奄美旅行のメインは、今日の加計呂麻島の戦跡巡りです。9時にお泊りの民宿「和の夢」さんにお迎えに伺いましたが、まずたっぷりと1時間近く座学でございます♪
e0028387_2322976.jpg
10時過ぎにお宿を出発し、最初の安脚場戦跡公園に着いたのは10時20分。公園の管理人の福山さんのお宅は兵舎跡です。どなたか観光の方がお話を伺っているようなので、ご一緒させていただきました。

「えーっ! この宿舎は、昭和2年に建ったんですか!」
屋根裏に年号が書いてあったそうです。陸軍の建築の技術者の方が住んで入らしたとか。その前に建っていた建物は少し奥にあって木造で、シロアリにやられたそうです。安脚場の陸軍が建てた一連の建物は大正10年に建てられたものと思っていましたが、建て替えがあったりしたんですね。
e0028387_23281487.jpg
左側の管理人の福山さんの後ろに倉庫が写っています。屋根のスレートは、戦後誰かが剥いで持って行ったそうです。右の竹山さんの後ろの井戸はまだ使おうと思えば使えます。
e0028387_23315031.jpg
お水が見えますか。ちゃんと屋根が付いていて、つるべなども備えられていたそうです。
e0028387_23341196.jpg
園地の施設を一通り見て、待網崎まで戻ってきました。クワズイモの群落を見て、生物に興味のある小島さんが車から飛び出していきました。「写真撮って~!」
e0028387_233785.jpg
スリ浜の先のユ浜に通信隊がいたことをお伝えして、一路、呑之浦へ。震洋艇の格納壕です。竹山さんがズンズン入っていらっしゃいます。「気持ち悪いよ~。」と言いながらも後に続く小島さん。お二人とも、しっかりライト持参です。
e0028387_23431398.jpg
運動会系でもある小島さんは、あっという間に高い枝まで登って座っています。
そして、瀬相へ出て、海軍司令部跡・慰霊碑を見てから瀬相港へ。
e0028387_23444665.jpg
今日は北西の風が強いので景色のいいところでお弁当を食べるというワケにはいかず、瀬相港のフェリー待合所の畳みのところをお借りしてお食事です。大晦日とあってお食事ができるところが無いので、「和の夢」さんにお弁当を作っていただきました。ポットと急須とパックに入れたお茶の葉も、デザートのポンカンも入ってます♪ 姉さん、ありがとー!!昼食開始は、なんと2時20分。お昼の時間も遅いのですが、ははは、まだ戦跡は2箇所しか見てないワ。実は、竹山さんの目的は戦跡を見ることと、加計呂麻島の学校に残る奉安殿を全部見ること。食後の作戦会議で、一気に予定の中の一番遠いところ(西)にある薩川小学校を目指すことにしました。
e0028387_02252.jpg
が、もしかしたら阿多地の方向から戻ることになるかもしれないので、三浦の「佐世保海軍施設部跡」と慰霊碑を車中からご案内。施設部跡にある「田崎真珠」の建物の右側に防空壕跡らしきものが見えますね。三浦集落の中を抜けて県道へ出ようとしたら、叶さんが畑の前にいらっしゃいました。
「キャベツ持ってく?」
「はい~~~~♪」
お宅へ寄って、キャベツをいただいちゃいました♪
e0028387_0192355.jpg
e0028387_0195732.jpg
旧木慈小学校奉安殿。
e0028387_0215785.jpg
e0028387_0223516.jpg
薩川小学校奉安殿。
e0028387_0232866.jpg
e0028387_024669.jpg
何と、大晦日に先生がいらっしゃいました。ご挨拶&記念撮影♪ 来年もよろしくお願いします!
e0028387_0253654.jpg
何でもありは、ちょっと失礼して、薩川にあるペンション「しびらんか」さんへ。
「買い物に行っている間に、お野菜の差し入れをこうやって置いて下さってるの。」
「どなたからか分かるんですか?」
「この間の食べた? って言って下さるから、その時にね。」
ふふふ、大根や水菜等お裾分けいただきました♪ ありがとうございます!
ご主人様にお大事にとお伝えくださいませ! 来年もよろしくお願いします。
e0028387_030484.jpg
最後の奉安殿は、須子茂小学校です。
e0028387_030582.jpg
完了! 何と、こちらにも先生がいらっしゃいました! 来年もよろしくお願いします!
そして、須子茂Iターンの坂田さんにご挨拶して、帰途につきました。今、5時です。

6時少し前に民宿「和の夢」さん到着。9時にお会いして、終了が6時。9時間のお付き合いありがとうございました。西阿室の教会や三浦のダムはまた次回にしましょうね。

ということで、今年最後のツアー「戦跡」&「奉安殿」ツアーが終わりました。


               **************


今年は大失敗をしでかし、ガイドを辞めようかと思ったこともありました。
しかし、その失敗を忘れることなく戒めとし、ガイドを続けさせていただこうと思い直し、今日までやってまいりました。

まだまだ不出来なガイドですが、来年も努力を続けて参りますので、これまで同様よろしくお願いいたします。

皆様、1年分まとめて、ありがとうございましたっ!!!!!

<追記>
福山さんに伺った、高鉢山(タンハチヤマ)の安脚場集落民自決用の防空壕が、そこから20mくらい離れたところに軍人用の防空壕があったそうです。まだちゃんと残っているそうなので、是非今年、行ってみたいですね。そこは、三角点の近くだそうです。
by amami-kakeroma | 2008-12-31 23:58 | 観光 | Comments(4)
e0028387_14841.jpg
夕方、長岡さんと佐知克の西田製糖さんに寄ってみると、ご家族でお餅つきをなさっていました。明日、写真データをお持ちしますね♪ お餅、ゴチソウサマでしたっ!
今日のお客様は、名瀬の「ホテルビッグマリン」にお泊りの兵庫県からいらした藤本さん。9時15分生間港発の「エリザベス号」に乗るため、8時前にはレンタカーでホテルを出発なさいました。

9時前に今度は、勢里の「民宿ゆきむら」さんから電話をいただき、お一方が観光ご希望の由。藤本さんに連絡を入れてご了解をいただき、ご一緒していただくことになりました♪
e0028387_0203894.jpg
ここは、勢里の一つ手前の集落、佐知克の「西田製糖」さんの「きび酢工場」です。製糖工場ときび酢工場をちょっと見学させていただきました。新年のご挨拶用の黒糖も仕入れました。
e0028387_0231446.jpg
「ゆきむら」さんで群馬からいらした長岡さんと合流し、まずは於斉のガジュマルへ。長岡さんも夕べ暗くなってから加計呂麻に入られたので、まだご覧になっていらっしゃいませんでした。
e0028387_0255449.jpg
藤本さんは、先程の写真のように高いところに強い方。高所恐怖症の何でもありは、カメラを預けて高いところからの写真を撮っていただきました。
e0028387_0273818.jpg
e0028387_028491.jpg
e0028387_0282863.jpg
どれも、今までのブログに載ったことのない景色でしょう♪
e0028387_0293621.jpg
11時近くなりましたので、お昼の相談。やはり、お正月近くなので、「和の夢」さんの「三献料理」が人気です。予約を済ませてから、呑之浦見学をしました。
e0028387_0315068.jpg
続いてスリ浜。三人三様で遊んでおりました。
e0028387_033898.jpg
何でもありもアダンの木の下から、カタツムリの殻に入ったムラサキオカヤドカリを連れてきて写真を撮っておりましたら! 「ハウスinカケロマ」さんの加那ちゃんが音も無く走ってきてヤドカリさんをくわえました。「駄目だよー!!」
e0028387_0355146.jpg
オバカさん!
e0028387_036351.jpg
「そんなことするからですよ! 可哀想に(どっちも)。」
e0028387_037383.jpg
めげています。
e0028387_0385561.jpg
元気を取り戻して遊び始めました。これから、ヤドカリさんを食べるのは止めようね。
e0028387_0402844.jpg
ヤドカリさんは、カタツムリの殻を砕かれ、下半身裸で波打ち際で震えています。ゴメンネ。アダンの木の下に戻してあげました。何とか殻を見つけてね。
e0028387_043105.jpg
昼食の前に諸鈍の「大屯神社」まで見ちゃいましょう。おおっ、お正月の飾りつけが終っていますね。「諸鈍シバヤ」と「諸鈍長浜節」のお話が終ったところで12時20分。お食事は12時半の予約なので、「和の夢」さんへ向いましょう。

あら~! お食事をしていたら、見たことある方がお店に入っていらっしゃいました。「奄美の家」族№171の川口さんです。今回は、レンタカーでじっくり島内を回っていらっしゃるんですよ。

あらら~! 今度は藤本さんが、お店に入ってこようとしていらっしゃる皆さんを見て、手を振っていらっしゃいます。昨日、ご一緒になったご家族連れの皆さんですって。今日の「和の夢」さんは、人間交差点のようになっていますね。
e0028387_05182.jpg
後半は、まず安脚場です。クビキ(ツルグミ)のお花がいい香りです。
e0028387_0522139.jpg
続いて徳浜。今日は潮が引いているので、「ライオン岩」まで楽に行けます。
e0028387_0532386.jpg
「よーしよしよし♪」
e0028387_0541234.jpg
潮溜まりの中にある「星の砂」「太陽の砂」はきれいな形をしています。生きているのもいます。
e0028387_0553057.jpg
最後は「諸鈍のデイゴ並木」をご案内しました。

この後、4時50分の「エリザベス号」で古仁屋に戻る藤本さんを生間港に、秋徳・佐知克経由で長岡さんもお宿にお送りしました。

朝は少し雨が残っていて、これは「雨男」の長岡さんのパワーに負けたかと思いましたが、後半は日も射して心も軽く観光ができました。いろんな出来事があったり、いろんな人にも会えて楽しかったですね。明日は今年最後の日でもあります。奄美の楽しい思い出を胸に、新しい年をお迎えください。今日はどうもありがとうございました!!
by amami-kakeroma | 2008-12-30 23:52 | 観光 | Comments(0)
名瀬で寮生活をしているユウキ君も、お家に帰ってきましたよー♪
e0028387_0124810.jpg

今日のお客様は、埼玉からいらした川島ご夫妻。今朝、お泊まりの名瀬の「たつや旅館」さんからお電話でお申込いただきました。

古仁屋発10時15分の海上タクシーの定期船「エリザベス号」があるので、朝食を召し上がってから予定を組まれても、10時半には加計呂麻の生間港までいらっしゃることができるんですよ♪
e0028387_2328538.jpg
本生間で「むちゃ加那」のお話をしましたら、島唄にあることをご存知でした。車はそのまま進み、安脚場戦跡公園の駐車場で一時停車。昨日、norizouさんがアップしていたリュウキュウウマノスズクサを1枚撮っておきましょう。
e0028387_23325176.jpg
最初の展望台から先は、お二人でお進み下さいませ~。いってらっしゃ~い! 奥様はクビキ(ツルグミ)の実を食べたことがあるっておっしゃってました。埼玉にもあるんですね。お花をご覧になるのは初めてということで、ご案内できてよかったです。
e0028387_23362735.jpg
安脚場の次は徳浜です。車中でヤコウガイの話が出たときに実物を見たことがないとおっしゃるので、この先のペンション「ヒロアイランドスタイル」さんで見せていただくことにしました。
「先に車を回しておきますので、浜をゆっくり歩いて、海側からペンションの敷地に上がってらしてくださいね~。」
e0028387_234452100.jpg
ヤコウガイの石灰を落としただけのもの、緑の色を残して磨いたもの、真珠質まで磨いて太陽を浮き彫りにしてあるもの、「tirco」さんのアクセサリーになったものなどいろいろご覧いただきました。
写真は、窓に月桃の実をおしゃれに下げたもの。お宿の奥様かおりちゃんのセンスが光りますね。

「さんご塩」さんは、今年最後の塩を揚げたところでした。床もきれいに掃かれていて、今年はこれで仕事納め。新年は、釜の修理が終る1月半ば過ぎからの営業となるそうです。お世話になりましたっ!

さ、12時をとっくに過ぎています。お昼はどこにしましょうか。そうですか、シャーベットが魅力的ですか♪ それでは「ブラウンシュガー」さんに向いましょう。

といいながら、「大屯神社」に寄って諸鈍シバヤのご説明までしてから出発。

「ブラウンシュガー」さんでオムライスとホットドッグとシャーベットとカフェオレとジャスミンティーをいただきながら、話題は「エイサー」に。ご主人だけなのか奥様もご一緒になさっているのか聞き漏らしましたが、埼玉で「エイサー」をなさっていて、沖縄にも何度も行ってらっしゃるそうです。

「世界遺産になっている勝連城跡の近くの平敷屋エイサーでは、黒と白のお坊さんのような衣装をつけるんですよ。念仏踊りが由来じゃないかといわれています。」
「ほうほう、あの鮮やかなエイサーの衣装は最近のものなんですか。」
もうお話が面白くて、止まりません。「諸鈍シバヤ」も琉球の芸能の影響を受けているといいますから、こういう行事を一つひとつ見に行きたいです。旧盆の頃かー・・・。
e0028387_0171932.jpg
2時30分の「エリザベス号」さんにお送りする当初の予定は変更して、3時15分発のにしましょうね。これで、ゆっくり諸鈍をご案内できました。
e0028387_0223278.jpg
生間港です。一緒に写っているのは「観光ネットワーク奄美」の西條さん。お二人は、昨日、こちらの金作原散策ツアーに参加なさっていて、朝の「エリザベス号」さんでも一緒だったんですよ。
e0028387_025596.jpg
川島さんご夫妻、西條さん、西條さんのお客様、さようなら~~~。お二人の加計呂麻再訪は早そうな気がします~。お待ちしていまーす! ありがとうございましたーーー!!!

追記
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「エイサー」の項に、『語源:エイサーの由来は、浄土宗系の念仏歌に挟まれる囃子の一つ「エイサー、エイサー、ヒヤルガエイサー」から来ているとされる[2]。また、「おもろさうし」に「ゑさおもろ」(「おもろ」は歌謡の意)の語があり、これを由来とする説がある。』と、ありました。
 「諸鈍長浜節」の囃子「ヒヤルガフェー」って、ここから来ているのかしら・・・。
by amami-kakeroma | 2008-12-29 23:22 | 観光 | Comments(6)
10時45分瀬相港着の「フェリーかけろま」でお迎えしたお客様は、メールでお申込をいただき何度かやりとりをさせていただいた静岡からいらしたA子さんと、お友達の群馬のT子さん。

何でもありは、お迎えに行く途中で聴いたA子さんの留守電にビックリ。超ハスキー!
お会いしてみてもボーイッシュな方なので、「失礼ながらA子さんですよね。」ってつい確認しちゃいました。男の子みたいに格好いいA子さんです♪
e0028387_23561069.jpg
加計呂麻トンネルを抜けて於斉のガジュマルで遊んでいると、勢里の兄さんがトラックで通りかかりました。荷台を指差すのでのぞいてみると、つぶらな瞳のイノシシさん。
「触ると噛まれるゾ!」
「はいー!」

呑之浦では、震洋艇の格納壕に辿り着く前に、トビハゼの写真を撮ったりしているうちに、干潟でかなり遊んでしまいました。於斉のガジュマルでも登る登る、呑之浦でも自然観察がお好きとくれば、お食事をして東の3時間コースを見て、「ブラウンシュガー」さんでお茶まで飲むという予定は厳しそうです・・・。
e0028387_23593135.jpg
e0028387_23595930.jpg
e0028387_002531.jpg
スリ浜をちょっとご覧いただいて、お昼はリクエストのあった「和の夢」さんの「三献料理」です。

A子さんとT子さんは海外へ行く観光ツアーで10年前くらいに知り合い、その後の旅行は二人で誘い合って行くようになったという旅仲間。おいしいものが好きで、けっこうお酒もいけるクチらしい・・・。最初に出される「餅の椀」と最後の「シンカン」のお出汁の違いなどもしっかりと判ってくださって、お店の和代姉さんも大喜び。と、ここでも時間オーバー・・・。

何でもありは、「でいご丸」さんに電話で確認。
「今日は、4時50分生間発の定期船あります?」
「あるよー♪」

「A子さん、T子さん、帰りの船を変更しましょう!!!」
これで、ゆっくり回れます♪
e0028387_0122817.jpg
ランチを終えて諸鈍へ。「大屯神社」をご説明して、デイゴ並木へ向う途中、シゲノブさんのトラックとすれ違いました。
「おーい、ボンタンいるか?」
「えー! いるいる♪」
行ってみてビックリ、四角いボンタンでした。噂には聞いていたのですが、本当に四角いワ。
e0028387_0155556.jpg
e0028387_0162669.jpg
「諸鈍長浜公園」のガジュマルの木です。まだ若いので、どこか木肌が色っぽい。ガジュマルだけど、気根が目立たないなあと近づくと、
e0028387_0182036.jpg
イヤ~ン、胸毛風の気根が生えてました。
e0028387_0193426.jpg
徳浜で何でもありが集めたサンゴや貝たちです。T子さんが、「静かな浜でゆっくりしたいワ。」と、ずっとおっしゃっていたので、お二人にはのんびーりしていただいていました。

上の左側の寄り目のサンゴ、可愛いでしょ。隣のS字型のサンゴは珍しいでしょう♪
e0028387_0225356.jpg
今日は曇っていたので、安脚場の高台からの展望は短くして、渡連の「ブラウンシュガー」さんへ急ぎました。三人ともブレンドコーヒーとシャーベットの盛り合わせ(クガとパッションフルーツ)にしました。シャーベットが好評でした♪

そして、4時50分、お別れの時がやってきました。加計呂麻にいらっしゃるときがフェリーで、帰りが海上タクシーの定期船。両方に乗ることができてよかったですね。おまけにバイクも相乗りですよ。

お二人は夏でも観光客の少ない加計呂麻島の浜をとっても気に入って、来年か再来年あたり再訪して下さりそうです。またお会いするのを楽しみにしています。今日はありがとうございました!!!
by amami-kakeroma | 2008-12-29 00:30 | 観光 | Comments(3)
午後1時、生間港でお待ち下さっていたのは大阪からいらした谷さんご夫妻と☆アクアダイブコホロ☆さん。コホロさんのブログによりますと、おおっ! この後、クジラ調査にいらしたんですね。

  皆さーん、クジラのシーズンの始まりが近いようですよー!! 楽しみですね。

奥様は、この時間まで「ティダホール(奄美)」と「安脚場東(加計呂麻)」と、2本ダイビングをなさっていらしたんです。ご主人はコホロさんのボートでノンビリなさっていたとか。

ランチは「オムライス!」に決定。渡連の「ブラウンシュガー」さんへ向いました。お二人とおいしそうなオムライスを記念撮影したのですが、撮影に失敗してしまいました。申し訳ありません!!
e0028387_23443070.jpg
ということで、写真は最初に行った安脚場戦跡公園の弾薬庫の中のお二人になりました。奥様が、「中から撮ると面白いかもしれないわ。」と撮っていらしたのを真似っこしました♪

ここでは、ガイド仲間「徒然なる奄美」のnorizouさんご夫妻ともお会いしました♪
今日のブログに安脚場からの景色リュウキュウウマノスズクサシラタマカズラボチョウジ等がアップされていましたのでご覧下さいね。

おっと、ここでタイムアップです。続きは明日。おやすみなさいませ~。
        ↓
ということで、明日になりました♪

安脚場の次は、徳浜です。浜もきれいですが、「さんご塩」さんの塩の結晶がまた綺麗でした。
ご主人は「塩」になかなか詳しいお方だそうで、世界の塩、日本各地の塩の味比べができるくらい! 加計呂麻島の「さんご塩」は高い評価をいただきましたっ♪
e0028387_2263860.jpg
諸鈍のデイゴ並木です。
e0028387_2293497.jpg
最初に☆アクアダイブコホロ☆さんからご予約をいただいた時は3時間くらいというお話でしたが、「せっかく加計呂麻まで来たから夕方の最終のフェリーの時間までお願いします。」とタップリ時間をとって下さったので、呑之浦の「島尾敏雄文学碑公園」「震洋隊基地跡」もゆっくりご覧いただけました。

奥様は2本潜ってお疲れかと思いましたが、「元気よ!」と、入り江の入り口までいらっしゃいました。それにしても、撤退する「田崎真珠」さん。たくさんの筏に下げられた真珠入りのマベ貝達をどうするんでしょうね~。
e0028387_22162383.jpg
於斉のガジュマルをご覧いただいて、瀬相港に到着したのは6時少し前。すっかり暗くなってしまいましたね。嘉鉄のお宿に着くのは、7時ちょっと前になりましょうか。
e0028387_23114946.jpg
奥様がなさりたいことを、深い懐でサポートしてさしあげるご主人。阿吽の呼吸がうらやましい半日でした。

奄美でのダイビングが気に入ってリピータになって下さった奥様、初奄美のご主人様、加計呂麻島はいかがでしたか? どうぞまたお越しくださいね。本日はありがとうございました!!
by amami-kakeroma | 2008-12-28 00:09 | 観光 | Comments(2)
e0028387_23225015.jpg
10時前にお電話を頂戴し、渡連でお会いしたのは笠利にお住まいの村田さん(左)と、笠利出身で川崎からいらした野崎さん(右)です。

野崎さんはいつも何でもありのブログをご覧下さっていて、今回の帰省でご親戚の村田さんを誘って加計呂麻まで足を延ばして下さいました。何と30数年ぶりの加計呂麻島ですって!

今、都会にお住まいでも、何でもありが憧れる懐かしい奄美の空気の中で育った野崎さん。何でもありが力不足ながら皆さんにお伝えしたい何かを、ブログの中に感じ取って下さっていると感じました。ありがとうございます。

短い時間でしたが、いい時間を過ごせました。

村田さんは大潮になると血が騒ぐ方。同居人と同じです。今晩は、じっとしていられるかしら。

来年の皆既日食の頃にまたお会いしましょうね。お待ちしています!!!!
e0028387_23271636.jpg
同居人が諸鈍小中学校時代に仲が良かった1級上の諸数のケンジさんが、最近シマに帰ってきました。

今晩は諸鈍デイゴ並木の入り口にある「要ちゃん」で、ケンジさんとヒロヤさん一家とゲストのカンタ君と同居人と何でもありで「忘年会」をしました。

お鍋のお魚は「アバス」。ケンジさんはシマッチュですが、初アバス。おいしいでしょー♪
カンタ君のパパRIKIさんからの差し入れは「夜光貝」の刺身。ケンジさんはシマッチュですが、初「夜光貝」の刺身。おいしいでしょー♪

握り寿司をいただいたところで、何でもありはお先に失礼してきました。とーっても楽しい会でした♪
e0028387_2113873.jpg

e0028387_23195146.jpg

                   << 年末年始の営業時間のご案内 >>

                     12月31日 朝10時半~昼1時まで

                   1月1日、2日、3日 朝10時半~夜8時まで

e0028387_23233581.jpg

               これは、12月30日までのランチタイムのことと思います。
            夜の宴会は15名様以上は事前にご予約下さい、ということでしょう。
by amami-kakeroma | 2008-12-26 23:25 | 観光 | Comments(0)