<   2005年 10月 ( 68 )   > この月の画像一覧

e0028387_20594162.jpg
生間待合所に飾られているサクラランは、去年の今ごろ、生間の兄さんが工事現場の木にからんでいたツルを諸鈍の柘植さんに差し上げ、柘植さんが1年かけてきれいに鉢に仕立てたもの。

割く寸前のつぼみや花は今迄も自生地で見ていましたが、こうやって近くで見るとつぼみの赤ちゃんまで分かります。

写真には、つぼみの赤ちゃんから花まで4つの段階が写っているのですが、分かるかな?
by amami-kakeroma | 2005-10-31 21:01 | Comments(0)
子供達と一緒に歩いてみると、車で通っていては気付かないことが見えてきます。この写真もそのひとつ。
e0028387_20494322.jpg

by amami-kakeroma | 2005-10-31 20:52 | Comments(0)
朝、8時55分、今日のお客様が到着です。
e0028387_12432138.jpg


続々と、計5艘の海上タクシーで加計呂麻島に上陸です。みんな揃うとこんな感じ。
e0028387_1243255.jpg


今日は古仁屋中学校1年生の学年行事で、生間→渡連→安脚場→諸鈍→生間の12.3kmを歩きます。私は、それぞれの説明ポイントで待ち受けて説明をする予定でいたのですが、途中の植物の話もあるからとつい一緒に歩き出してしまいました。

嗚呼、それが間違いだった・・・。

加計呂麻に来てから、住んでいる諸鈍と生間の港の間も1回しか歩いていないのに、結局全行程を歩いてしまいました。だって、家族も参加OKということで来ていた小さい子供たちも歩いているんだもの。

一番きついと感じたのは安脚場から諸鈍までの林道の登り。次のカーブを曲れば頂上かと期待するのに、まだ。今度こそと思っても、まだ。下り坂になったときはうれしかったー。

結局、参加者全員が小雨の中、誰一人脱落することなく歩ききりました。お見事っ! タイムスケジュールが一番遅い人にあわせて組まれていて、途中10箇所ぐらいで全員が揃うまで待ってまたスタートするようになっていたのがとっても良かったと思います。勉強になりました。

それにつけても、子供達のかわいかったこと!! 先生たちがうらやましかったわ。
by amami-kakeroma | 2005-10-31 13:07 | Comments(0)
今日は、郵便やメール便が届く日でした♪

メール便は、先日ご案内した名古屋のお客様が、「最近読んだ雑誌に、ミホさんの記事があったから」って、記事のコピーを送ってくださったもの。島にいると、習慣だった本屋でのブラブラ読書→購入ができず、情報の窓口がとても狭くなってしまっているので、とてもうれしいプレゼントです。奥村さん、ありがとうございます。
e0028387_20533143.jpg


郵便は、諸鈍シバヤ見学・交流ツアーを組んでくださった国立民族学博物館のご担当者さんから。ツアーの様子が載った会報と皆さんのご感想、それと来年のカレンダーが入っていました。このツアー、とても好評だったようです。お世話させていただいて、よかった♪ カレンダーは、「インドサリー」がテーマで、華麗で繊細なサリーの世界が楽しめます。金成さん、ありがとうございます。
e0028387_21271872.jpg


もう一通の郵便は、鹿児島の友からの第二弾。第56回南日本文化賞の受賞者「諸鈍シバヤ保存会」の横顔が載っている10月24日の南日本新聞と、南日本新聞ティーたいむ11月号の切り抜き。友よ、いつもありがとう! ご主人や子供たちによろしく!
e0028387_21343126.jpg

by amami-kakeroma | 2005-10-29 20:53 | Comments(0)
放送日は、11月09日(水)23時15分~、総合テレビです。

朝崎さんが優しい語り口と渾身の授業で奄美の歴史や島唄の心を伝えてくださいます。ナレーションは泉谷しげるさん♪

番組ディレクターさんが奄美に、島唄に、朝崎さんに深い興味を持って準備にあたってくださってましたので、ひとあじ違う課外授業がご覧いただけると思います。

これまた、楽しみ♪
by amami-kakeroma | 2005-10-29 13:20 | Comments(0)
『島旅』は今年4月に始まった番組で、全国の離島を隔週で取り上げています。ハイビジョン映像とナレーション、BGMで構成されている旅番組で、今回の舞台が加計呂麻島です。

ロケ隊は10月7日から島に入り、平家来島800年祭や島の産業、島唄などを取材していらっしゃいました。コーディネートをさせていただいたので、どんな番組が出来上がってくるのか、超楽しみです。

番組についてはこちらをご覧下さい。http://www.nijinet.or.jp/ ←トップページで紹介しています。

BSが見られない? ハイビジョンテレビがない? はい、私もです。
放送後にビデオが送られてくるので、それ待ちでーす。
by amami-kakeroma | 2005-10-29 13:03 | Comments(0)
e0028387_2340467.jpg

4時半の歯医者さんの予約があったので、3時55分のフェリーで古仁屋へ。帰りは5時30分発の「かもめ丸」さん。夕日はあっという間に沈んでいきます。皆様、1日お疲れ様でした。
by amami-kakeroma | 2005-10-28 23:42 | Comments(0)
e0028387_23335244.jpg

生間駐在所近くの田んぼ。ハイビスカスが咲く南国の、2度目の刈り取りが間近です。
by amami-kakeroma | 2005-10-28 23:37 | Comments(0)
e0028387_23305189.jpg

渡連のティールーム「ブラウンシュガー」に飾ってあるお花がきれいなので、咲いている場所を聞いて写真を撮りにきました。焦点が地面にあってしまって、むずかしいわ。

<データ>
北海道から南西諸島にかけて分布するユリ科の多年草 。腰痛、ひざの痛み、打撲傷には、すりおろした鱗茎(りんけい)を患部にすりこむとよいとされる。(京都新聞電子版「山野草」より)

和名の由来は不明であるが、別名をサンダイガサと言い、公卿が宮中に参内するときに従者が差しかけた傘をたたんだ形に似るためらしい。鱗茎は飢饉のときに食料とし役立ったようで、水によくさらしたものを煮て食べたり、粉にして餅を作ったそうである。「ツルボ餅」は、ぜひチャレンジしたい一品である。(岡山理科大学植物生態研究室HPより)

そっかー、つまり百合根だもんね。
by amami-kakeroma | 2005-10-28 23:32 | Comments(0)
e0028387_23271186.jpg

渡連集落の墓地にある「摩文主一族の墓」。摩文主は、琉球王が諸鈍のナングモリバラ征伐に派遣した副将。

瀬戸内町で一番古いぐらいのお墓だったと思うんだけど、ちょっと荒れてます。
by amami-kakeroma | 2005-10-28 23:29 | Comments(0)