<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

町の地域女性連合体育部長の永井しずのさん達が、町民体育大会で踊るマスゲームを教えに、諸鈍小中学校の体育館へ来てくださった。

午後7時すぎ、諸数、生間、秋徳、押角、諸鈍の婦人とPTAの方が揃ったところで練習開始。

今年は「マツケンサンバ」とゆずの「栄光の架橋」。練習用のビデオテープとカセットテープも持って来てくださったが、今年はビデオテープだけ購入して、カセットはやめてCDを買うことにした。カセットは頭だしが大変。

「栄光の架橋」はストレッチ体操だけど、途中から動きが速くなり、最後は結構腰にきました。
「マツケンサンバ」は、うちわを2枚持って踊る豊年祭向きの踊り。途中に「オハラ節」が挟まり、鹿児島ならではの踊りってとこでしょうか。

数年前に諸鈍集落の婦人会に入ったときは、集団で踊りを踊ること自体に大層違和感を覚えたものですが、今では「こんなときじゃなきゃ踊りなんて踊らないよね♪」と結構楽しみにしている私です。

今年は諸鈍婦人会の役員(会計)なので、率先して踊りを覚えなきゃいけません。オーレイ!!
by amami-kakeroma | 2005-07-31 23:27 | Comments(0)
家に仏壇があったこともなく、50年生きていて身内の葬式にも出たことがない私が6月に結婚して、一ヵ月後の7月には結婚相手のオジイチャンの33回忌とやらをやらなくてはならなくなった。

More
by amami-kakeroma | 2005-07-31 17:51 | Comments(0)
戦後、加計呂麻ではどんなお産をしてたの? というご質問があったので、また婦人会で斡旋した昆布を届けがてら、近所の80ン歳のオバのところに行ってきました。

オバいわく、自分の子供は嫁ぎ先のお母さんと親戚の慣れた人に取り上げてもらったし、自分も親戚の人の手伝いに行って6、7人は取り上げたとのこと。自分の周りはみんなそうで、古仁屋のお産婆さんのところへ行って産む人は少なかったとのこと。昭和40年ごろまでの話。

More
by amami-kakeroma | 2005-07-30 16:09 | Comments(1)
e0028387_2125983.jpg婦人会で斡旋している昆布を届けに、とあるお宅に伺うと、お庭に袋がけされて大事に育てられている果実を発見。

マンゴーです。 

果樹園で育つものと思っていましたので、大感激。木全体にもネットがかけられていました。
by amami-kakeroma | 2005-07-29 21:37 | Comments(0)
e0028387_16425129.jpg近所の姉さんの家の庭にベニヒモノキを発見! 「姉さん、お庭の花の写真撮ってもいい?」とひとことお断りして撮影させていただきました。

パシャパシャ撮っていると、「コーヒーでも飲んでいかない?」とお声が掛かり、もちろん遠慮せずお宅に上がりこみました。

コーヒーと思っていたら、手早くニガウリ料理が二品、ワンホネ(豚のアバラ肉)のニムン(煮物)、ブタミソとキビ入りご飯が卓上に並び、お昼がまだだった私はありがたくペロッといただきました。

食後にお手製のガジャ豆でお茶をいただいていると、トマトで作ったゼリーが登場。さっぱりした甘味に出来上がっていてグー! ご馳走様でした。
by amami-kakeroma | 2005-07-29 16:42 | Comments(0)
午後3時半、あまりの暑さにへばり、クーラーをかけてお昼寝開始。と、友人から電話。「身内が東京からバイクを持って休暇に来たいというが、船便はどうなってたっけ。」とのご質問。

私も気になっていたことなので、昼寝を切り上げ、早速調べました。

大島運輸さんの「フェリーありあけ」ですね。東京有明→志布志→名瀬→与論→那覇 のコースで、火曜、木曜、土曜に便があるけど、名瀬がとばされたり、与論がとばされたり、両方がとばされたり、両方寄ったり、時間が違ったり、と6つの運航パターンがあります。

詳しくは下記のページをご覧下さい。
http://www.cs-cruise.co.jp/my/okinawa/ferry_OSH.html

基本は、東京を夜に乗って、翌日はまるまる1日船の中、3日目の朝名瀬港着です。
運賃は、那覇までが22000円だから、名瀬までは18000円位かな。
by amami-kakeroma | 2005-07-29 16:18 | Comments(0)
e0028387_23512171.jpg朝7時半、「ベスト電器ですが、今、瀬相です。これからうかがっても良いですか?」って電話。いいとも~!

今日は、待ちに待ったエアコンの取り付け日。冷蔵庫も届く日♪いやあ、苦しかったですよ。扇風機で熱風を浴びながら寝続けた夜、卵やほうれん草まで凍ってて愕然とした朝、こんな苦しみからも解放される日がやっと来たのです(感涙)。

工事が終わり、冷え冷えと微風を感じながら同居人に電話で報告。「ユエじゃ!」いいとも~!

昼のフェリーで古仁屋へ出て、八百屋さんでおいしそうなトマトとアボガドとパッションフルーツを買って、やぐら寿司で握りを頼んで、Aコープで残りの買い物をして3時のフェリーで帰宅。

7時からヨリさん・スマコ姉さん夫婦と隣のニイちゃんと下のミエおばを呼んで6人でユエ開始。一番のご馳走は、スマコ姉さんのサザエの丸ごと煮。ミエおばも自家製の地豆持参。トマトとキュウリとタコのイタリアンサラダも、アボガドとエビのディップも好評。お寿司でみんなお腹が一杯になって9時には解散。

片付けやら準備で写真を撮り損なったのが残念! で、代わりに今日の諸鈍湾の写真をアップ。刈り取った稲は生間へ続く峠のところまで干されていました。
by amami-kakeroma | 2005-07-29 00:13 | Comments(0)
e0028387_934074.jpg各家の庭を華やかに飾っているこの葉っぱは何ていう名前だろうと、ずーっと疑問に思っていました。

本棚を整理していると「ファッション鉢花とさわやかグリーン336種」(講談社)なんて本が並んでいました。そうそう、殊勝にお部屋をグリーンで飾ろうなんて思っていた時代もあったんです。

で、名前は「ニシキアカリファ」。トウダイグサ科アカリファ属(エノキグサ属)。ビローンと長い花を垂らすベニヒモノキの仲間でした。確かに短いけど似た花ですね。
by amami-kakeroma | 2005-07-28 09:42 | Comments(0)
e0028387_17522040.jpg
夏休みに入りましたが、ここ徳浜は関係なし。お客様三人の貸しきりでした。ハイポーズ!
by amami-kakeroma | 2005-07-27 17:54 | Comments(0)
e0028387_2245154.jpg今日のお客様は、朝7時過ぎには名瀬を出発した元気なご一家。

お電話があったときには良い天気だったのが、生間の港で8時30分にお迎えした時には雨雲がモクモクとわいてきて、最初のポイント諸鈍長浜公園に着いたときには土砂降り。

急いで傘をお渡ししていると、すぐに雨は止んで諸鈍湾に虹が! あれえ~、もう一個虹がある! うわ~い、ダブルレインボウだ!!!

なんとも幸先の良い観光となりました。
by amami-kakeroma | 2005-07-25 22:54 | Comments(2)