カテゴリ:チップ工場( 48 )

全部を引用して貼り付けたいくらいですが、グッと我慢。以下が導入部。

明日からはウケユリツアーなのでウケユリに関して調べ物をしていたところ、奄美の植物研究の第一人者・大野隼夫先生の「奄美の四季と植物考」(絶版)(発行:昭和57年)の最後に昭和40年代にかけての大規模伐採を嘆き、保護を訴える文章とリュウキュウマツが深山に植えられることの弊害が書かれていました。

 今回のチップ工場と森林伐採は大野先生が嘆いているこの時代の行為を再び繰り返すことです。

 伐採を許してしまうことは、未来に再び同じ後悔を残してしまうことです。
 かなり長文を引用しますが、是非お読みになり、考えて下さい。


その時代に、今の自然の状態を予言していらっしゃいます。怖いくらいです。是非、ご一読下さい。

 あまみ便りblog「過去と同じ後悔を繰り返すのか」へ、 飛べっ!
あー、雨になっちゃいました。
明日も雨の予報です。
週末ですから、右にリンクしてあるブログさんの他、

「山のケンムンどこへ行く@奄美」さん
奄美哺乳類研究会さん
MIRACLE NATURE@奄美大島の自然さん
奄美自然観察記さん

とか、いろいろなブログを読んで、奄美の自然についてお勉強しましょう。

そうしましょう♪
5月14日(金)午後7時から鹿児島市中央公民館において、加計呂麻の森林伐採問題を中心に、自然保護や離島の過疎化高齢化、経済や産業の問題などを考える催しが行われます。

加計呂麻の森林伐採問題の詳しい現状の説明や、映像の上映などを行う予定です。参加費は無料ですので、お近くの方は是非ご参加下さい!

                   カケロマアクション514イン鹿児島
              日時 : 5月14日金曜日 19時から20時40分
              場所 : 鹿児島市中央公民館 地下A会議室
              問い合わせ先 : 森林伐採に反対する加計呂麻住民の会
                          (松尾)080-5283-6203 
明日ご案内する「有限会社カルティベイトカンパニー -人と自然の研究所-」の代表・野口理佐子さんに、午後3時から5時を目途に、瀬相集落の「アシャゲ」(又は公民館)で、加計呂麻の自然についてのご感想や、環境をめぐるお仕事のこと、加計呂麻へのアドバイスなどをお話しいただく予定です。関心のある方は、どうぞご参加下さい。

今日、急にお願いしたことなので、資料その他の準備があってのことではありません。雑談風になると思います。

http://www.bio-inste.com/profile.htm

また、天候によって時間等が変更になることもあるかもしれません。参加ご希望の方は、何でもありの携帯080-5247-4425にご確認下さい。

プチ告知でした。
10時45分、40人乗りの「道の島交通」さんのバスごとフェリーに乗って、皆様、加計呂麻島瀬相港着。
何でもありも申し込もうとしましたが、すでに定員の40名に達していたので、「伐採に反対する会」のメンバーと「何でもあり号」で追っかけ♪ でも、地元の人が一人乗って下さいということで、何でもありが同乗。
e0028387_2222109.jpg
e0028387_22251814.jpg
まず、チップ工場予定地と瀬武港の工場用資材を見に瀬武港へ。そして、瀬武の高千穂神社に参拝。
e0028387_22371289.jpg
境内のホルトノキにオオバヤドリギがお宿り中。
e0028387_2238934.jpg
すでにお昼間近なので、実久ブルーの実久海岸でランチタイム。
e0028387_22391548.jpg
e0028387_22393159.jpg
ここから瀬武へ戻り、40人乗りの大型バスで瀬武・阿多地間の狭い九十九折の道へ。途中、実久林道の舗装工事用トラックとニアミス。さすがプロ同士、無事通過。阿多地集落のお花が咲いているデイゴを見学して、須子茂、嘉入とリュウキュウマツが枯れてイタジイの素晴らしい森に変化を遂げた山々を車窓から見ながら、西阿室へ。
e0028387_22455329.jpg
そして、西阿室から花富峠へ。

帰りのフェリーが15時55分生間発なので、ちょっと急がなくちゃ。でも、こういうときに限って、道を車が塞いでいるんですよね。「お願いしますよ」

無事に近くにいた運転手さんが退かせてくれて無事通過。伊子茂、於斉と来たところで、何でもありは下車。皆さんとお別れして、島内から参加した「伐採に反対する会」のメンバーの乗る車で瀬相港へ戻りました。

加計呂麻の山は元気です! それを皆さんにご覧いただけました。遠くは笠利からもお越し下さいました。宇検から若い方もご参加下さいました。主催して下さった「奄美の自然を考える会」の皆様、ご参加下さった皆様、ありがとうございました!!!
★東京から手弁当で加計呂麻の状況を見にいらしたfumiyuiさんが、自然に詳しい方にインタビューをして、それをまとめ、YouTubeにアップして下さいました。


★加計呂麻の自然を守ることにお力を貸して下さっている朝崎郁恵さんの唄のYouTube
 朝崎郁恵『阿母』  

皆さん、少し前まで、チップ工場の記事にコメントを下さっていた「あましん」さんを覚えていらっしゃいますよね。

この度、提案や意見が削除されない“自由な討論”の場として、ご自分の掲示板「愛島無限プラス世界の平和LOVEJAPAN」を立ち上げたそうです。奄美や日本、アジアの平和と安定がメインですが時事コラムなど何でも気軽に書きこんでね! とのことです。

「あましん」さんから最初にコメントをいただいた時に、ご自分のメールアドレス等をご連絡いただいたこともあり、何でもありとは意見が違うけどいろいろな意見があってもいいと思い、コメントをそのままお読みいただいていました。それでも、コメントの数が増えるに従い、誰のブログか分からなくなっちゃったと思うようになり、下記のメールを差し上げました。

    (前略)それでも、ここまでご自分のご意見をお持ちなのに何でブログや
    HPをなさらないのだろう? という疑問はコメントをいただく度に
    思っておりました。 

    今の時代、当方のようにやっとかっとでインターネットを使う世代でも、
    ブログを立ち上げたりすることが出来るようになりました。

    そうして思ったことを自分のブログで発信しています。

    そうした中、「新生奄美大島新聞」ブログさんに寄せられたコメントで、
    「あましん」さんはご自分のHPを持っていらっしゃることが分かりました。

    HPを作られるなら、ブログはまして簡単です。

    是非、ご自分のブログを立ち上げられて下さい。

    各人のブログは基本的に各人の意見を表明するところであり、議論をする場
    では無いと考えています。そういう考えで、当方のブログにいただいたコメントに
    コメントをお返しすることはありませんでした。これからも変わりません。

    「あましん」さんが、ブログを開設なさったらご連絡下さい。
    当方のブログで、きちんと紹介させていただきます。


掲示板から「あましん」さんのHPへも飛べます。お徳情報もありますよ♪
本日平成22年4月2日付け「南日本新聞」さんの記事です。
e0028387_11125134.jpg

     ・反対運動が沈静化すれば再開もありえる。
     ・賛成派町民の誘致嘆願などを受けての計画。資材や土地買収など既に
      多額の投資をしており、今後は弁護士とも相談し、法的な対応も検討したい。

     そうです。

以下、文字データ。

加計呂麻のチップ工場計画
「一時凍結」申し入れ

瀬戸内町・加計呂麻島にチップ工場の建設を計画していた鹿児島市の船会社大東海運産業の子会社は3月31日に、同町に計画を一時凍結する意向を申し出た。同社の岩崎達雄特別顧問は「反対の動きが活発になり、取引先にも迷惑をかけると判断した」と説明する一方、「反対運動が沈静化すれば再開もありえる。計画断念ではない」としている。

同町企画課によると、岩崎顧問らが3月31日、役場を訪れ、房克臣町長に申し入れた。同課は「申し入れはそのまま受け入れたい」としている。

岩崎顧問は「賛成派町民の誘致嘆願などを受けての計画だった。資材や土地買収など既に多額の投資をしており、今後は弁護士とも相談し、法的な対応も検討したい」と話している。

同社の事業計画によると、同島瀬武地区に工場を建設し、民有地や町有林約2900ヘクタールを伐採する。計画は今年1月末に表面化。反対派住民が「豊かな森が失われる」として計画を認可しないよう町に求める署名を提出するなど、反対運動が広がっていた。

以上
4月2日の南日本新聞と読み比べできるように、2日アップの記事に移動しました。

e0028387_11431594.jpg
本日平成22年4月1日付け「南海日日新聞」の一面に、「加計呂麻チップ工場断念 企業側、計画書取り下げ 搬入機材、近く引き上げ」の記事が載っていました。

見出しには「断念」とありますが、記事には「一時撤退」とあります。全面撤退では無いのでしょうか。

事業者からは「事業計画書」の他に、「町有地の払い下げ」の要望書も出ていると聞いています。
「町有地の払い下げ」の要望書の他にも何かあるのでしょうか。それも取り下げられたのでしょうか。

「南海日日新聞」さん、速報に続く、詳細な記事もお願いします。
他の新聞社さん、テレビ・ラジオのメディアの皆さん、それぞれの視点で取材して、さらなる記事をお願いします!
             奄美テレビ放送 「ほっとけトーク」
                 放送日      平成22年4月1日(木)
                 放送開始時間 PM7:00
                 終了時間    PM8:00

                 再放送     平成22年4月2日(金)
                 放送開始時間 PM4:00
                 終了時間    PM6:00
                  (上記はそれぞれ奄美市名瀬局エリアです。 
                  1週間後に奄美市笠利局エリアで放送されます。)