カテゴリ:デイゴ情報( 192 )

諸鈍のデイゴ並木で花芽をつけている木は、以前と変わらず、港の下り口手前の木と「ホットリップス」さん前の木の2本。

花が咲き出しているのは、そのうちの港の下り口手前の木のみ。
e0028387_22141865.jpg
ほら、あそこ。画面真ん中あたりから下に降りている枝の、上から4分の1くらいのところの花芽が少し咲き出してます。
他の枝。
e0028387_22184815.jpg

別の枝。
e0028387_22191555.jpg

これも別の枝。
e0028387_22194518.jpg

どれもちょっと痛いね。

他の大きく育っている花芽は、もう少し見栄え良く咲いてくれると思います。
今日のポチのお散歩は、諸鈍郵便局から諸鈍小中学校を回るコース。家を出るとすぐに、足もとにデイゴの朱赤の花が1枚落ちてました。
e0028387_221614.jpg
昨日か一昨日の雨に打たれたのね。
e0028387_22129100.jpg
これ、デイゴヒメコバチのトラップ。小さい点のひとつひとつがヒメコバチ。この後、トラップを変えたのですが、10分後には30匹ぐらい張り付いてる・・・。

来週に三度目の駆除を予定しています。
e0028387_2191515.jpg
並木入口から進んで、リリーの家の2ブロック手前から奥を見ています。
e0028387_21111579.jpg
もう少し近づきました。
e0028387_21115053.jpg
奥側から見ました。
e0028387_21131598.jpg
さらに奥、港の下り口のところから見るとこんな感じ。木が高く大きくなるのと、葉を出している木と葉を出さず花芽をつけようとしている木が交互にあるため、スカスカした感じに見えます。
e0028387_2164057.jpg
本日の紅一点。上の写真の手前から2本目の木です。
e0028387_2172517.jpg

e0028387_2174630.jpg
この木だけ、花芽が増えています。
何でもありが、ふんぞり返ってデイゴ並木を歩いていても、それは食べ過ぎではありません。デイゴの花芽探しです。

今夕もふんぞり返って歩いておりましたら、花芽のついた木をもう1本発見しました。

祠(ほこら)デイゴの2本奥の木です。花芽が2つ付いてました♪
e0028387_23294175.jpg
e0028387_23295852.jpg
e0028387_2330882.jpg

e0028387_23251882.jpg

              ↑ 校庭のデイゴ
e0028387_2326087.jpg
e0028387_23261597.jpg

              ↑ 校門のデイゴ
情報は、ヒメコバチ駆除をして下さっている芳華園さん。一回り加計呂麻島のデイゴを回ってみて、花芽が付いているのは下記の2か所。今現在1分咲き程度ですって。

 須子茂小学校の校庭のデイゴ
 徳浜のお休み中の「鶴亀畑cafe」さんの入口のデイゴ


だそうです。

実久、芝、阿多地、本生間、木慈、勝能などは期待できないそうです。ちょこっとだけでもいいから、お花を見せて欲しいですね。
先週水曜日に、今年度最初のデイゴ並木のデイゴヒメコバチ駆除のための薬剤散布がありました。この時に駆除されるヒメコバチは葉っぱの上や周りを飛んでいる個体。ゴール(虫こぶ)の中にいる個体には届きません。

3日もすると次々とゴールから出てくるヒメコバチがトラップにかかり始めました。その旨、瀬戸内町から駆除の委託を受けている芳華園さんに連絡すると、加計呂麻島の他の場所の駆除が終わり次第、デイゴ並木の2度目の駆除に入って下さることになりました。

それが今日の午後♪ 夕方までに奥の5、6本の駆除を終わらせて下さいました。残りは明日。

「何でもありさん、ツボミが出てますよ。」
「ほんと!!」
「ツボミにもヒメコバチは卵を産みますから、丁寧に薬をかけておきました。」
「ありがとーございます!!!」
e0028387_19293558.jpg
e0028387_19294859.jpg

       ↑
    これです♪

嬉しくて、帰宅した同居人に知らせると、
「てっぺんに一つ咲いてるぞ。」
と教えてくれました。
「じぇ、じぇ、じぇ~~~!」
e0028387_1931447.jpg

       ↑
    これです♪

デイゴ並木の奥に港への下り口があるんですが、その手前4本目のデイゴです。この木は葉がほとんど出ていなかったので、枯れるのか、葉を出すのか、どうなんだろうって思っていた木です。うれしいなー。下の写真の赤丸がツボミと咲いている花です。
e0028387_19353878.jpg

ガンバレ、デイゴ!!!
何でもありの今日現在の私見。

今年の諸鈍のデイゴ並木は、花をつけないかもしれません。

今日現在、全然ツボミが見られません。


昨年5月7日のブログの記事「今年もデイゴヒメコバチ駆除の予算措置をお願いします!」では、

 最初の方は、5本に1本くらい蕾がちょこっとだけ見えます。
 中程の細いデイゴは、3本に1本くらい蕾がちょこっと付いています。
 奥から20本から10本くらいは、2本に1本くらい付いています。
 奥の9本くらいは、ほとんどに蕾が付いています。


と、レポートしていますが、今年は皆無。

また、悲しいことには、葉っぱにはデイゴヒメコバチのゴール(虫こぶ)がビッチリ。

昨年一番咲いた奥の10本、それも一番花を楽しめた山側の枝は、すでに葉っぱを広げています。葉を出していない枝は、特に細い枝は葉でも出してくれないことには、枯れているのか生きているのか判断がつきません。

連休明けに今年度第一回目のデイゴヒメコバチ駆除の薬剤散布が行われる予定です。散布の際の圧で、枯れている小枝は落ちますので、様子をみたいと思います。

以下、すでに葉っぱを出し始めた並木奥のデイゴたち。
e0028387_001165.jpg
e0028387_23595077.jpg
e0028387_003290.jpg
e0028387_001324.jpg
e0028387_005537.jpg
e0028387_003551.jpg
e0028387_011760.jpg
e0028387_005570.jpg


予想がはずれますように・・・。
e0028387_22382141.jpg
これがデイゴ並木に下げられている「デイゴヒメコバチ・トラップ」。これは下げたばかりの新しいもの。それが・・・
e0028387_22402295.jpg
一週間でこんな!
e0028387_224064.jpg
新しいトラップを枝にくくる間にも、一匹くっついちゃうんだもん。やーねー。
e0028387_22413089.jpg
e0028387_22414394.jpg
「りりーの家」の前のデイゴの葉も、すでにこんな。
e0028387_22423247.jpg
「帰ろうよー。」と、ポチが見つめています。すまんのー、もうちょっとよ。