「宝船」のようじゃや~♪

今日のお客様は、奄美市名瀬のトナイ不動産さんがご紹介下さった津田さん外3名の皆さまです。午前中に半潜水艇「せと」さんに乗って、生間港12時着の「フェリーかけろま」でお越し下さいました。

全員が「よろしく!」なんて握手して下さって、何でもあり、照れちゃいましたー。
e0028387_22441417.jpg
「腹が減っては戦は出来ぬ!」ということで、お昼は民宿「和の夢」の「三献料理」となりました。これは、「三献」が終って、お食事をなさっているところです。

いやー、皆さん明るい! それに、和代姉さん手作りの、30度の黒糖焼酎「瀬戸の灘」にスモモとザラメを入れて8年寝かした「スモモ酒」も効いて、駄洒落が飛び交う賑やかな昼食になりました。

おっと、ゆっくりしていられません。「和の夢」さんを出たのが13時20分頃。これから、安脚場→諸鈍→呑之浦と回って、呑之浦の入り江を3時15分には出発しなければならないんです。
e0028387_2254428.jpg
「安脚場戦跡公園」では、皆さんで第一展望台から探照灯跡の第二展望台までを歩いていただきました。いってらっしゃ~い!!

お天気はいいし、きれいな景色をご覧いただけましたよ。それでは、諸鈍へ向いましょう!

諸鈍では、「諸鈍長浜公園」にある記念碑をご覧いただき、デイゴ並木の林家の説明をして、何でもありは並木奥へ車を運んで皆さんをお待ちしました。10分の散策時間です♪
e0028387_233773.jpg
あら~、「観光ネットワーク奄美」の橋口さんじゃあ~りませんか。お客様とご一緒ですね。え? どうしました?
e0028387_22585222.jpg
大変です。干してあった網に鳥さんが2羽ひっかかっているので、先程網の持ち主を聞きたくて、携帯に電話を下さったのだそうです。二人でだいぶ外したのだそうですが、まだ結構からまっています。

何でもありたちも、橋口さん達も船の時間が迫っています。どうしましょう・・・、と困っていたら、琢磨君が釣竿片手に自転車でやってきました。彼もどうしようもないことが分かって、網の持ち主のところへ伝えに行ってくれることになりました。ありがとー、琢磨君♪

皆さんが車のところまでいらして、出発です。「大屯神社」で「諸鈍シバヤ」のお話をして、急ぎ呑之浦へ向いました。

呑之浦へ着くと、「でいご丸」さんがお迎えに来てくださってます。まだ時間がありますから、サキシマスオウの木や、震洋艇、格納壕などをゆっくり見ながら入り江の入り口へ進みましょう。

そうですか。徳之島ご出身の津田さんは、同窓会でスリ浜の「マリンブルーカケロマ」さんで会食をなさったことがあるんですね♪  観光は初めてですか。今日は急ぎ足になりましたから、またゆっくりいらして下さいね。
e0028387_23253151.jpg
全員、ハシゴで乗船なさいました。
e0028387_2329348.jpg
動きますよー。
e0028387_23301412.jpg
あれ~~~~、
e0028387_23311145.jpg
なんだか「でいご丸」が、七福神を乗せた「宝船」のように見えてきました♪

今日は短い時間でしたが、明るく楽しい時間をいただきありがとうございました! 是非、次回はご家族連れでお越し下さいませね。お待ちしております!!!
by amami-kakeroma | 2009-02-07 23:32 | 観光 | Comments(0)