5月9日 曽津高崎灯台へ その1

5月9日10時、西古見集落の公民館で待ち合わせ、海上保安署、瀬戸内町役場、ライオンズクラブの方々、ガイド仲間の国宗さんご夫妻と曽津高崎灯台へと向いました。
e0028387_15153968.jpg
e0028387_1516030.jpg
公民館の隣の小高いところに朝虎松の碑があります。

西古見は明治中期以降に盛況をみせた奄美大島のカツオ漁業の先駆地で、西古見に育った虎松は、肝属郡佐多町からきたカツオ船に乗り大量のカツオを水揚げするのを見て、32歳のときに奄美大島初のカツオ漁業組合を西古見につくりました。大正時代には集落内にカツオ節工場が立ち並び、西古見は世帯数370戸にまで達するほどの盛況ぶりを見せたそうです。この虎松の業績を記した頌徳碑です。
e0028387_1528204.jpg
西古見集落から宇検村の屋鈍集落へ向う道から、未舗装の曽津高崎灯台へ向う道を2km進むと、いよいよ徒歩で進む道になります。
e0028387_15303751.jpg
e0028387_1531262.jpg
                           きれーい!
e0028387_15313226.jpg
                        よござんすか?
                    よござんしたら、出発です♪
by amami-kakeroma | 2008-05-10 15:32 | 集落散策 | Comments(0)