四等三角点「里原」

昨日、三等三角点「諸鈍」へ行った後、安脚場集落の水源地をリクエスト。

咲き終わったアリモリソウしかありませんでした。帰ろ。

あ、がけ崩れ跡にも行きたい。・・・・・・、見た。

安脚場から諸鈍に帰るには、林道が一番です。
先ほど三等三角点に上ったピークのところにきました。

「反対側にも道があるんだけど。」
「こっちは、何にもないよ。行くか?」
「ウン!」

と、今度は反対側の道を上ってみることになりました♪
e0028387_21254727.jpg
こちらもサクラツツジが咲き終わらんとしていました。
e0028387_21551544.jpg
三等三角点「諸鈍」への道では見なかったユズリハがありました。
e0028387_1591961.jpg
やたらこの草が生えています。名前しらべなくちゃ。ガヤ?
e0028387_205225.jpg
e0028387_214625.jpg
青いテープを目印に歩いていくと、こちらも三角点でした。
e0028387_23419.jpg
少し下ったところから古仁屋が見えます。
e0028387_2131852.jpg
清水ですね。
e0028387_241193.jpg
こちらは諸鈍の徳浜道に入るところの牛小屋です。

さて、同じ道を帰るのもなんですから、諸鈍方面と思われる道を進みましょう。

お、以前、渡連のヤッコさんと歩いた渡連の学校道と出会いました。道の最後がグジャグジャだけど、黙っておきましょう。

ジャーン! 諸鈍・安脚場林道のだいぶ諸鈍側に下ったところへ出ました。
「軽トラ停めた頂上まで歩くゾ!」
「ハーイ!(内心、ヒー!)」
e0028387_29037.jpg

e0028387_293358.jpg
1時間くらいのつもりで家を出たのですが、結局5時間くらい歩いてしまいました。

家に帰って地図で確認すると、もう少し行くと(藪でしたが)諸鈍のアラグスクか公園に行けました。くやしい・・・。今度は逆に公園から歩いてみることにします。

腰がパンパンに張ったメタボ夫婦でした。お疲れ様でした~。

【四等三角点「里原」データ】
標高:166.82 m
所在地:鹿児島県大島郡瀬戸内町諸鈍字里原934番15
所有者:瀬戸内町古仁屋船津の個人の方
設 置:平成16年9月8日
自動車到達地点:安脚場集落西側林道安脚場線入口南方に約1.2kmの地点
徒歩時間(距離):尾根径約45分(約900m)
by amami-kakeroma | 2008-02-17 23:55 | 集落散策 | Comments(4)
Commented by bonn1979 at 2008-02-18 15:54 x
5時間!

絶句。
集落の読み方(あんきゃば)とか・・
KAKEROMA.COMの世帯数と人口
で見ました。
Commented by 何でもあり at 2008-02-18 22:44 x
bonn1979さん、我ながらよく歩きました!

アンキャバは、大島本島の方にも何箇所かあります。
古見アンキャバ、嘉徳アンキャバ、渡連アンキャバとか。
地形からきている地名のようです。
Commented by norizou at 2008-02-19 01:12 x
姉様・・
お疲れ様です・・(^ ^;
ご夫婦そろって冒険野郎ですね・・
この調子で加計呂麻全島制覇お願いします・・(^ ^;;
Commented by 何でもあり at 2008-02-19 21:32 x
norizouさん、明日、ドゥッカマ道に挑戦しようと予定していましたが、
バイトのため延期になりました。
norizouさんも、安脚場道とか挑戦してちょ!