ひとこま。

e0028387_353269.jpg
目印の赤は「錆止め」の色だそうです。渋くていいワ♪
e0028387_3541664.jpg
背負い紐はおでこに当てるのがポイントです。
by amami-kakeroma | 2007-02-04 23:55 | 集落散策 | Comments(10)
Commented by 義志直 at 2007-02-05 11:49 x
懐かしい光景です。これは小さめのティルですね。昔はどこの家にも2、3個はあったものです。
ティルは標準語と同じショウ(背負う)と言います。ティルショティ(ティルを背負って)、他の持ち方は
ツィヅィムィティ(orチヂムィティ)=抱えて=「手で持って」が変化したのかな?
カタムィティ=肩に担いで=「肩で持って」が変化したのかな?
Commented by 何でもあり at 2007-02-05 12:15 x
小さめのティルは、うちではゴミ箱に使っています。
持ち方の三例は、とてもありがたいです。この発音で姉さんたちと話してみます!
Commented by norizou at 2007-02-05 23:26 x
このような光景を目にすることも、少なくなりましたね。
因みに、加計呂麻辺りでは、抱えるはティティムィティと表記した方がしっくりくる?かも。義志直さんのご出身地とは発音が少し違うかもです。正しい発音は、同居人にお聞きあれ(^ ^)
Commented by 義志直 at 2007-02-06 08:55 x
norizouさん
>抱えるはティティムィティ
なるほど、微妙な違いが結構数多くありますよね。
ティルはショウ以外に「カックィティ」とも言いますね。担ぐという意味かな?
ヒギャの言い回しで一番びっくりしたのは、YOUのことをウラということです。高校生の時に古仁屋から来た同級生と話していて最初は表裏の裏かと思いました。
北ではYOUのことは単数/複数それぞれ次のように言いますがヒギャではどうですか?
対同年以下:イャ/イャキャ
対目上:ナン/ナキャ
面白いのは徳之島も地域によってこの二つの表現(ウラ/イャ)に分かれると聴きました。
Commented by 何でもあり at 2007-02-06 23:55 x
同居人は、島口使ってくんないからつまんないです。ヒギャの言い回しは、norizouさん、お願いしまーす。

徳之島も地域によってこの二つの表現(ウラ/イャ)に分かれるとは興味深いです。薩摩藩の役所があったあたり(どこか知りません)が「イャ」で、サンとか加計呂麻に近いところが「ウラ」かしら。
Commented by 義志直 at 2007-02-07 02:07 x
>サンとか加計呂麻に近いところが「ウラ」かしら。
ジャガジャガ、ガシジャガ!
向こう側(東シナ海側)がイャということでした、確か。
Commented by 義志直 at 2007-02-07 12:08 x
沖縄では
1人称単数:私 → 「わん」,「わー」
2人称単数:あなた → 「うんじゅ」  君、おまえ → 「ぃやー」
3人称単数:彼、彼女 → 「あれー」,「うれー」
2人称同年以下には北大島と同じイャーと言うようですね。
ヒギャのウラーはどこからきたのでしょう?
Commented by norizou at 2007-02-07 22:55 x
自分のブログのアップにアップアップしている間に(^ ^;;)なんだか、島口のことで盛り上がってますね。
ヒギャではYOUのことは対同年以下:「うら/うらきゃ」、対目上:「なん/なーきゃ」ですね。
因みに自分のことは、「わん」や「わー」です。複数は「わーきゃ」。
「うら」の語源はわかりませんねー・・・(-_-)
Commented by semenatu at 2007-02-08 01:28
ティル ハンゲティ という言い方もしていたと思います。

徳之島のティルは口がすぼまっていて丸っこいですよね。
Commented by 何でもあり at 2007-02-08 01:58 x
「うら」の語源探しは、これからの楽しみにしましょう♪
ティルの形って、おもしろいですよね。口がすぼまっていたり、お尻の凸凹も違ったりします。瀬戸内の学芸員さんは、これを蒐集していて、一部屋を占領しているとか言ってましたよ。