寅さんツアー。

東京から一泊二泊のスケジュールで「男はつらいよ 紅の花」のロケ地めぐりにいらしたAさん。空港からもバスをご利用なので、古仁屋港についた時点で夕方です。翌日も、10時半には加計呂麻を出なければ東京便に間に合いません。

それでもOK。だって夏だもん♪ 日の入りは19時過ぎです。

7月31日の17時、古仁屋発瀬相行の海上タクシーの定期船に乗っていただき、17時15分、瀬相港着。瀬相自体がロケ地。続いて、トンネルをくぐり於斎のガジュマルの通過シーン。少し下って、勢里のハンモックのシーン。於斎に戻って大島海峡側に戻り、スリ浜のカレーのシーン。

順調です。予定より早め。生間港手前まで来ると、車がバンバン来ます。バンバンといっても4台ですけど♪ 時計を見ると18時20分過ぎ。やったー、撮影に使われた「でいご丸」が生間港に戻ってきたタイミングです。

e0028387_20172018.jpg


船長のふーちゃんに声をかけてみると、「中に写真とかあるよ。」と、船にさそって下さいました♪ ラッキー!!!

初日は、ここまで。お宿は生間の「和の夢」さん。歩いても、すぐ。

Aさんにお宿のご相談を受けた時に、撮影当時、諸鈍婦人会長だった和代姉さんがやっている「和の夢」さん、カレーのシーンを撮った場所でもあり、お会計しているのがオーナーの武さんという「マリンブルーカケロマ」さん、映画の中でオーナーの和代姉さんのちぎり絵が使われている「INAハウス」さん、の3軒をご紹介しました。

寅さん繋がりのお宿として、この3軒、チェック、チェックですね♪

e0028387_20374677.jpg


日付は変わり、本日8月1日。9時にお宿にお迎えにあがり、諸鈍長浜公園の記念碑、諸鈍のリリーの家と、満男が船を引き揚げている船揚場を見て、一路、徳浜へ。

e0028387_20381575.jpg


この浜で満男がいずみちゃんに告白するんですよねー。

10時30分、生間港発の定期船にお送りして寅さんツアー終了です!

Aさんは準備良く各シーンのキャプチャをお持ちで、現在と撮影時を比べてみると、瀬相に新しい桟橋や道が出来ていたり、於斎のデイゴの樹が切られていたり、防波堤が出来ていたりと結構変わっているのが改めて良く分かりました。

もう15年も経つんですものね。今日は寅さんツアーの余韻に浸りながら休むことにしましょう。Aさん、ありがとうございました!!!
by amami-kakeroma | 2012-08-01 21:10 | 観光 | Comments(0)