奄美の森の新たな伐採が始まっています。

毎年恒例の諸鈍校の「学校美化作業」をちょっとお手伝いして戻ってきたところ。
パソコンを立ち上げると、奄美市住用市の森の伐採が始まっているというしらせが

世界遺産を目指す奄美。

世界遺産のコアとなる奄美大島のほんの一部の森と生物が、まるで動物園や植物園のように囲われて守られるだけでいいのでしょうか。

脆い生物たちは、広い緩衝地帯に守られて、保護されて、それではじめてこれから何世代も生き延びて行けるのではないでしょうか。

植物も動物も「乾燥」は致命的です。雲を生む森、それを刈り取ってしまうとどうなるのか。

コアの部分には人の立ち入りを禁止し、その周りの部分だけ、人数を制限して公開する。市などは、そういう立ち位置になるかもしれない部分だったのではないでしょうか。

奄美の各市町村に早い自然保護条例の制定をお願いしたいと思います。

そのためにも、皆様、伐採反対署名にご協力をお願いします!
by amami-kakeroma | 2010-08-29 09:50 | チップ工場 | Comments(2)
Commented by 小泉清人 at 2010-08-29 23:51 x
ちょっと安心して油断いた間に、こんなことになっていたとは....
どうしてこういうことになるのでしょうか....
地元で賛成している人が多いのか、それとも一部の賛成している人が全体を動かしているのでしょうか? 

Commented by 何でもあり at 2010-08-31 00:50 x
小泉さん、大島本島は無関心な方が多いように思えます。
一人の申請で、広い森も伐採されます。