あまみ便りblog「過去と同じ後悔を繰り返すのか」

全部を引用して貼り付けたいくらいですが、グッと我慢。以下が導入部。

明日からはウケユリツアーなのでウケユリに関して調べ物をしていたところ、奄美の植物研究の第一人者・大野隼夫先生の「奄美の四季と植物考」(絶版)(発行:昭和57年)の最後に昭和40年代にかけての大規模伐採を嘆き、保護を訴える文章とリュウキュウマツが深山に植えられることの弊害が書かれていました。

 今回のチップ工場と森林伐採は大野先生が嘆いているこの時代の行為を再び繰り返すことです。

 伐採を許してしまうことは、未来に再び同じ後悔を残してしまうことです。
 かなり長文を引用しますが、是非お読みになり、考えて下さい。


その時代に、今の自然の状態を予言していらっしゃいます。怖いくらいです。是非、ご一読下さい。

 あまみ便りblog「過去と同じ後悔を繰り返すのか」へ、 飛べっ!
by amami-kakeroma | 2010-06-10 23:21 | チップ工場 | Comments(0)